株式会社サンブリッジ
このページの先頭へ戻ります
カタログ・PDF
new ball catalog
高解像度写真
high resolution photo
過去号
back number
Brunswick Fortera Intrigue
USBC
ミディアム
レンコンマークの影
前作を見る
目次へ戻る
ブランズウィック
Brunswick Fortera Intrigue
Brunswick Fortera Intrigue
2014年を集大成したシリーズ第3弾が登場します。
最も容易にスキッドするニューボールで、年末年始をお楽しみください。
クリックすると拡大表示をします!
コアの影
シリーズ第3弾となる「フォルテラ・イントリーグ」は
ブランズウィックのパフォーマンス向上添加剤科学技術に基づいた「フォテフィ・ハイブリッド・リアクティブ」を搭載したニューボールです。
これまでにない新しいベースカバーと強化された添加剤との調合を特徴とし、
今までで最も容易なスキッドを生み、最速のラテラルトラクションを提供します。
フォルテラ・フリップコアの形状は、
ブレークポイントでの強化と安易なライン取りのためのスムーズさも特徴です。
このコアはピンアクションを向上させるためにエネルギーをピンに伝えるための回転力を持続させ、
角運動速度を増大させる運動学的設計がされているのが特徴です。
ロイヤルコンパウンド仕上げの「フォルテラ・イントリーグ」は、ミディアムオイルのレーンコンディションでレーンフロント(ヘッドエリア)を楽々とスキッドし、
パワフルなボールモーションで今までにないバックエンドフィリップを実現しました。
この「フォルテラ・イントリーグ」は
最も容易にスキッドする様にデザインされた2014年を代表するボールに仕上がりました。
Series Lineup
今までに発売してきた同シリーズのラインナップです。
新製品
フォルテラ・イントリーグ
フォルテラ・バルテックス
フォルテラ・エグザイル
逸見正晃プロのストライクレビュー
第23回
2014年12月18日更新
こんにちは、プロボウラーの逸見正晃です。2014年も残すところ、あとわずかとなりました。2014年という一年は、皆様にとってどのようなものだったでしょうか? 私見ですが、今年はボールラインナップが目まぐるしく変わるほど、充実した商品ラインナップになってきたのではないかと思っています。今回取り上げる「フォルテラ」シリーズ(フォルテラ・バルテックスフォルテラ・エグザイル)の登場も私的には衝撃を感じました! 今後、ますます進化を遂げるブランズウィックDV8をまた新年も宜しくお願い致します。良い年だった方は引き続き、納得いかなかった方は心機一転を。皆様にとって素晴らしい年末年始になりますことを祈念いたします。 それでは、第23回ストライクレビュー「フォルテラ・イントリーグ」編をどうぞ!
本作:
55°
×
3・3
/
4
×
50°・薬指位置ピン抜き
比較・フォルテラ・バルテックス:
55°
×
3・3
/
4
×
50°・薬指位置ピン抜き
比較・フォルテラ・エグザイル:
55°
×
3・3
/
4
×
50°・薬指位置ピン抜き
会場:
博多スターレーン(ウッドレーン)
投球コンディション:
45フィートのクラウンコンディション
オイルボリューム:
30.4
ml

メンテマシン:
カストディアンプラス
オイル粘性:
42°
逸見正晃プロのストライクレビュー
私個人的には、今年発売されたブランズウィックブランド・ボールの中で最も刺激を受けたのが、6月に全国デモフェアを実施したことでも注目を浴びたフォルテラ・エグザイルです。 このデモフェアの前に、私用をドリルした最初の投球で「これは!」と驚きを感じたことを今でも覚えています。予想通りにすぐに広まりましたが、ポイントとして挙げるならば走りとスムーズなキレ、そしてなによりストライクゾーンを広くさせてくれるピンキャリーの良さです。 ツアーからリーグボウラーにいたるまで、特に使用頻度の高いミディアムコンディションに視野を置き開発された同ボールは、これまでのブランズウィックになかったほどのシャープなスキッド感を得ることに成功しました。 このシリーズより使用されているベースカバーストックは「フォテフィ・リアクティブ」といい、レーン上で気持ちの良い直進力と横方向の早いリアクションを実現させ、女性ボウラーにも非常に支持されてきました。
今回、更なるパワーアップを目指して投入された「フォルテラ・イントリーグ」は、フォルテラ・エグザイルのカバーをソリッド50%、パール50%のハイブリッド素材「フォテフィ・ハイブリッド」バージョンになります。 カバーストックと表面仕上げのみの変更にしたことで、違いを楽に感じることができ、ボール選択の幅が更に広まったように思います。カバーの強化は、より鋭角に、より深くバックエンドリアクションを生み出すこととなり、2段階フックモーションを感じるほどに向上しました。
使用されているコアは「フォルテラ」シリーズを通して同型の「フォルテラ・フリップコア」になります。これは、上部の比重を重量化したことでブレークポイントでのアグレッシブな動きを作り出し、良いピンキャリーの理由とも言えます。 このボールを投球して、一番のセールスポイントは強いバックエンドリアクションから生まれる入射角度の深さに尽きると思います。ピンに当たってからも動き続けるかの如き喰い込みの良さは当たり負けをせず、ピンヒット時の音の大きさも物語っています。 投球したテストコンディションが45フィートのクラウンパターンというロングオイルでの投球ですので、全体的にアウトサイド寄りからのライン取りを行いました。 ハイブリッドカバーとなっていますが、手前のスキッド感は十分に確保されていることから、フォルテラ・エグザイルよりもややオイルに強くキレが増したものの、ミディアムコンディションを主たる適合コンディションとして評価して間違いないでしょう。 このキレを見ていただくと、2014年最後を飾るにふさわしいハイパフォーマンスボールだと共感していただけるものと自信を持って紹介ができます。
表面仕上げは#500マイクロパッド
ロイヤルコンパウンドとなり、 フォルテラ・エグザイルロイヤルシャイン仕上げに比べると研磨剤の番手差を設定しました。 私はこの2種共に、ある程度はポリッシュ仕上げの方がボール本来の動きを示してくれるものと思います。マット仕上げも試してみましたが、どうしても動きがアーク状となり、すっきりしない印象を受けましたので、ポリッシュ加工を施し、手前の走りを強調した使い方が好イメージとなりました。
ドリルレイアウトは、フォルテラ3種「イントリーグ・バルテックス・エグザイル」は全て同じレイアウトの「55°
×
3・3
/
4
×
50°」
で、薬指穴位置にピンを配置するレイアウトになります。 これをもとに、比較投球をシリーズで行ってみました。まずは、初代のフォルテラ・エグザイルとの比較では、手前の直進具合は良く似ています。大きく違うのは、バックエンドリアクションです。 この「フォルテラ・イントリーグ」は、フォルテラ・エグザイルよりも過激でパワフルなキレを求めることができるのが強みになります。 私的にはおさまりの良く、走りと飛びが素晴らしいフォルテラ・エグザイルは要所で高スコアを期待できる大好きなボールの一つですが、オイルの際を投げるタイプには少し曲りが物足りない部分があるかもしれません。 「フォルテラ・イントリーグ」は、ハイブリッドカバーにしたことにより、レーン後半での動きが強化されているので、多少転がせるタイプならば板幅を多くとっても十分な動きと飛びを楽に得ることが可能です。 同じハイブリッドベースカバーのフォルテラ・バルテックスとの違いは、ハイブリッドの配合比率であり、「フォルテラ・イントリーグ」がソリッドとパールがそれぞれ50%なのに対して、フォルテラ・バルテックスはソリッド70%でパール30%という比率での製造です。 つまり、フォルテラ・バルテックスはオイルキャッチが良く、持続性のあるアーク状のフックスタイルだと言えます。今回のレビューで、フォルテラ・エグザイルを主に比較に挙げたのは、こちらの方が投球した印象で軌道イメージが近いからです。 シリーズ中で、最もスキッド&スナップ感を強調した「フォルテラ・イントリーグ」。走って切れるボールが好きなボウラーは数多くいらっしゃいますが、このボールを一度試していただければと思います。
執筆後記
2014年登場のブランズウィック・ブランドの新シリーズ第3弾!抜群の走りと切れ、ピンアクションは貴方のボウリングライフをワクワクさせてくれます!2014年のラストを飾る二つのボールリリース(もうひとつは「メーリー™・ジャブ」)は見た目、パフォーマンス共に抜群です!
今回のドリルレイアウト
レビューのバックナンバーを見る
逸見正晃プロのフェイスブック
ビデオ
江頭インプレッション!
公開日:2014年12月7日・22分53秒(過去最長の尺)・w1920
×
h1080・撮影協力:相模原パークレーンズ
バックナンバーを見る
サンブリッジ公式動画チャンネル
江頭インプレッション!
2014年12月配信の「江頭インプレッション!」もサンブリッジの澤田英幸と一緒に軽快な掛け合いでお届けいたします。 今回、ご覧いただくボールはブランズウィックの「フォルテラ・イントリーグ(50°、ピン・PAPが4・1
/
2インチ、VAL角は35°)」と 「メーリー™・ジャブ(45°、ピン・PAPが4・3
/
4インチ、VAL角は30°)」
のふたつをピックアップ! レーンコンディションは動画内とウェブサイト(パソコン用のみ)に画像を掲載していますので、 注目のパフォーマンスを対照ボール(フォルテラ・エグザイルメーリー™・クロス)と比較しながら、併せてご参照ください。 さて、前回の配信で尺の記録を作りましたが、レギュラーバージョンとしては今年最後の動画で早くもその記録を更新しました。 長尺の中に盛りだくさんの内容と楽しいボウリングトークを詰め込んでいます。ボール以外にもスパンや新しいユニフォームの話もしていますので是非、 最後までお付き合いください。今年もたくさんの方々にご視聴いただき、誠にありがとうございました。また、2015年もよろしくお願いいたします。
ビデオ
コバヤシ.ボウル
公開日:2014年12月3日・1分30秒・w1920
×
h1080・撮影協力:ラウンドワンスタジアム・朝霞店
バックナンバーを見る
サンブリッジ公式動画チャンネル
コバヤシ.ボウル
今回の「コバヤシ.ボウル」は2014年最後のニューボール、ブランズウィックの「フォルテラ・イントリーグ」と「メーリー™・ジャブ」をまとめてご紹介いたします。 今月はひたすら軌道を見ていただく初のコメントなしバージョンとなります。短くまとめましたので是非、最後までお付き合いください。 なお、今回のドリルレイアウトは「フォルテラ・イントリーグ」が60°、ピン・PAPが5・1
/
2インチ、VAL角は70°、そして「メーリー™・ジャブ」は60°、ピン・PAPが5・1
/
2インチ、VAL角は40°となっています。
ビデオ
フォルテラ・イントリーグ:プロモビデオ
公開日:2014年12月9日・2分43秒・w1920
×
h1080
バックナンバーを見る
サンブリッジ公式動画チャンネル
サンブリッジビデオ
本作は米国ブランズウィックが制作した「フォルテラ・イントリーグ」の公式プロモーションビデオ(日本語字幕付)です。 今回も魅力的なコメンテーターによる人気シリーズの第3弾「フォルテラ・イントリーグ」のパフォーマンスを余すことなくお届けいたします。 ご紹介していただくのは登場順に、紅一点のロビンオリコウスキー(アベレージスピード:17.5・回転数:300rpm)、 リャンモウ(アベレージスピード:18.0・回転数:375rpm)、ジョニーペトラグリアは(アベレージスピード:17.5・回転数:350rpm)の3名です。 今回のレーンコンディションは41フィートのハウスパターン(ミディアムオイル)で撮影を行いました。豪華なコメンテーターによるインプレッションとパフォーマンスで是非「フォルテラ・イントリーグ」の可能性を探ってみてください。
SunBridge Cleaner Products
ボールのお掃除とお手入れは下記の商品をお使いください。
あなたの大切なボールを延命させるには、日頃のケアがとても大切です。
マイクロファイバー・シーソー
ブランズウィック・ドットタオル
ボールクリーナープロ
ジャイアント・シーソー
ボール名
フォルテラ・イントリーグ
陰謀、策謀などの意味があります。
ボールメーカー
ブランズウィック
ボールカラー
レッドパール・ブラックソリッド
カバーストック
フォテフィ・ハイブリッド
リアクティブ
NEW

カバーについて詳しく解説した動画
コア
表面加工
硬度
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
RG Max
2.562
・15P
RG Min
2.512
・15P
RG Diff
0.050
・15P
RG Asy
0.016
・マスバイアス差
フックP
※1
215
・MAX:250
レングス
130
・MAX:235
ブレイクPS
※2
145
・MAX:150
フレアP
※3
フック
7.5
スキッド
6.5
バックエンド
10.0
ウェイト
12P
16P
適性レンコン
ブラックライト
対応していません
ブラックライト対応センター
出荷日
2014年12月9日
本体価格
51,000
(税別)
※1:フックポテンシャル、※2:ブレイクポイントシェープ、※3:フレアポテンシャル、それぞれの略称となっています。 言葉の意味はこちらをご覧ください。
BALL WEIGHT
10P
11P
12P
13P
14P
15P
16P
上記の表示は輸入したポンド数に当ります。したがって、現在の在庫とはリンクしていませんので、あらかじめご了承の上ご参照ください。 また、1P(ポンド)は約453.6グラムになりますので、10Pは約4.54kg、16Pは約7.26kgとなります。
LANE CONDITION
ボールパフォーマンス
ボールイメージ
ボールイメージ
ベストレーンコンディション
箱出:#500
ロイヤルコンパウンド
#500
#1000
#2000
#4000
ロイヤルシャイン
Coverstock
The all new Fortify Hybrid reactive coverstock is Brunswick's hottest creation based off our performance enhancing additive chemistry technology. Fortify reactive combines a new base coverstock with an enhanced additive package that will provide the easiest length with the quickest lateral traction of any coverstock to date.
Core
The Fortera Flip core incorporates a new shape for an enhanced breakpoint and extreme continuation. The core is dynamically calculated to extend the rotational energy, boosting angular velocity to transfer energy to the pins for increased pin action and higher scores.
Ball Motion
Finished with Royal Compound polish, the Fortera Intrigue skids effortlessly through heads, with an unprecedented backend flip providing an incredibly powerful ball motion on medium to oily lane conditions. A new ball motion never seen before in the Brunswick line.
Reaction Setup
The Fortera Intrigue can be drilled using the standard drilling techniques developed for asymmetric core bowling balls.
Lightweight Engineering
At Brunswick, the unique core shape of each individual ball is used for weights from 14 to 16 pounds. This approach to lightweight ball engineering provides bowlers with consistent ball reaction characteristics across this weight range. At 12 and 13 pounds, Brunswick uses a generic core shape with a RG
-
differential that is close enough to the 14 to 16 pound shape so the same drilling instructions can be used.
サンブリッジ公式動画チャンネル
コア・コレクション
米国ブランズウィックのディファレンシャルコントロールは、ポンドによるRG Diffのバラつきを極限までなくし、数値の均一化をはかっています。
株式会社サンブリッジは米国ブランズウィックの日本正規販売代理店です。並行輸入された商品に関して当社は一切の責任を負いません。
記載されている商品の仕様は予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
オフィシャル壁紙