株式会社サンブリッジ
このページの先頭へ戻ります
カタログ・PDF
new ball catalog
46人のサンブリッジ契約プロ
ultimate nirvana™ and 46 pro bowlers
高解像度写真
high resolution photo
過去号
back number
Brunswick Ultimate Nirvana™
USBC
ヘビー
レンコンマークの影
ミディアムヘビー
レンコンマークの影
ミディアム
レンコンマークの影
次作を見る
前作を見る
目次へ戻る
ブランズウィック
Brunswick Ultimate Nirvana™
Brunswick Ultimate Nirvana™
新たな鼓動に耳を傾けろ!
究極という名の正統後継者!ついに日本上陸!
クリックすると拡大表示をします!
コアの影
昨年、衝撃のデビューから半年を経て空前の大ヒットボール・ニルバーナ™に新たな後継者が誕生します。 未だ、止まるところを知らない最強カバーストック「ECS」をベースに、
パール素材を配合し、ポリマーチェーンのソフトな部分の構成を拡張することで、最大のフリップモーションを生み出すことに成功いたしました。
柔らかさを増したソフトセグメントはレーンコンディションの変化にも対するアジャストを最小限に抑えることを可能にし、ピンヒットに対してもワイドなスイートスポットを形成することで爆発的な破壊力を実現しました。
キャッチ力を損なうことなく転がりながらスキッドし、ドライゾーンでのフリップモーションは過激ともいえる、かつて無いほど鋭く大きなフックモーションを生み出します!
星条旗カラーが印象的な渾身の一作。手にしていただければ、必ず違いを実感できることでしょう。
逸見正晃プロのストライクレビュー
第66回
2016年3月25日更新
こんにちは。プロボウラーの逸見正晃です。今月最後のレビュー紹介は満を持しての登場「アルティメット・ニルバーナ™」となります。 リリース前より多くの問合せをいただき、前評判も非常に高かった今作。既に追加発注が決定しているほどの人気を得ている状況です。大判POPに多くのサンブリッジ契約プロスタッフが映っている魅力的な告知も流石サンブリッジ! 場内に掲示していると「おっ」と足を止めて見入ってくださる方も印象的に思っています。まだ、ご覧になっていらっしゃらない方は是非、ボウリング場で探してみてくださいね!
さて、今作は昨秋に新素材カバーを搭載した新シリーズとして初お目見えしたニルバーナ™の続編です。多くのボウラーを魅了している同作からの改良点はどのようになったのか、今回も最後までお付き合い下されば幸いです。 また、大注目の人気作ですので、特別にサンブリッジが誇る人気男子プロボウラーにもコメントにて登場いただいていますので、そちらもご注目ください!それでは、第66回ストライクレビュー「アルティメット・ニルバーナ™」編をどうぞ!
本作:
55°
×
4・5
/
8
×
45°・中指・薬指中間位置ピンアップ
比較:
55°
×
4・5
/
8
×
45°・中指・薬指中間位置ピンアップ
会場:
博多スターレーン(ウッドレーン)
投球コンディション:
44フィートのクラウンコンディション
オイルボリューム:
30.4
ml

メンテマシン:
カストディアンプラス
オイル粘性:
42°
いつもより若干オイルの長さが長くなっています。
逸見正晃プロのストライクレビュー
米国ブランズウィック最高レベルのハイパフォーマンスボールとしてリリースされたニルバーナ™。 高い安定感と優れたリアクションを可能にした最新カバーストックと超・低慣性コアのマッチングにより、我々プロスタッフは勿論ながら多くのアマチュアボウラーにとっても心強い味方の1つとして活躍していることと思います。 今作はオイリー対応ボールの初代・ニルバーナ™とは違い、ミディアムオイルからでも使用ができるように改良されており、曲がり形状も更にメリハリあるバックエンドリアクションと大きな入射角度を容易に得られる仕様です。 ピン側であと一転がり欲しいという場面が多い方にとってパワフルなフックパワーを与えてくれる今作「アルティメット・ニルバーナ™」は強力に攻める姿勢をサポートしてくれるはずです。注目のカバーストックには、最新カバー「ECS」のハイブリッドバージョンを初採用いたしました。 この変更により、初代の強さが上手く発揮しづらかったコンディションにおいてもパフォーマンスの水準を維持することを可能とさせ、結果として幅広いコンディションへの対応力が強化されました。 前作に比べて女子プロボウラーの利用率も上昇している点からも、扱い易さと使用頻度は飛躍的に向上したと評価できます。 このカバーストックの良さは、バックエンドリアクションを損なわない程度のレーンキャッチ力と優れたオイル吸着を実現している点に感じています。初代に比べて楽に奥へとボールを運べることが強みであり、視覚的に動きを体感し易く使える範囲が広がりました。
コアには、シリーズ専用「ニルバーナ・ウルトラ低・RG・コア」を使用しており、手前での素早い転がり感と、一気に傾く軸移動の強さが特徴的です。ドライエリアでのブレーキの掛かり方が素晴らしく、このポイントが深い入射角度を実現しているように思います。
最初に投げてみた感想としては、予想よりも曲り幅は控えめだったという点が最も印象強く残っています。オイルキャッチは良い、転がっている感触も抜群、曲がり幅は投球前に抱いていたイメージが大きく曲がるとして考えすぎていたのでしょう。 このギャップにドリル直後は戸惑いましたが、投球していくにつれ曲り幅のイメージがアジャストできるようになり、高スコアが出せるようになってきたのは嬉しく感じています。 なによりも、初代を超える入射角度により、最近のブランズウィック・ボールの中でもトップクラスにピンを弾く力が凄まじく、効果的に使える際においては無類に活躍してくれるのではないかと期待が膨らんでいます。 これから始まるトーナメントなどにおいて必ず実績に結びつく武器となってくれることでしょう。所属センターである博多スターレーン(ウッドレーン)で投球した際よりも他センター(プラスチックレーン)で投げた時の方が、更に他ボールとの比較を体感でき飛びの強さが際立ったように見ています。 これは仕方の無いことですが、最新ハイパフォーマンスボールはやはりプラスチックレーンに主たる視野をおき開発されているからとしか言えません。朝一のオイルがあり、メリハリの利いたフレッシュなパターンでの投球で真価が出るスペックの為、競技大会に参加する機会の多いボウラーや最新ボールの優れたパフォーマンスを体感してみたい方は是非お試しいただきたく思います。
ここで、サンブリッジ契約男子プロスタッフより「アルティメット・ニルバーナ™」のレビューと今期の目標を語っていただきましたのでご紹介いたします。 1人目は今期シードプロの呉竹博之プロ(43期・1070:ボウルポップス・プロショップ)です。
インタビュー
第一印象は、予想に反してオイル上でスキッドするなと思いました。前作のイメージがあった為、もっと過激なボールになっていると想像していました。軌道の落ち着き具合が意外だったものの、操縦性は抜群で何よりピンアクションがエグかったですね。まるで爆弾で吹っ飛ばしたかのように一瞬でピンが無くなるんですわ。 今までとは明らかに違うピンアクションの音色が素晴らしく、特に薄めのピンアクションは最高!これは奥に押し込む力の強さによって成り立っており、その結果が今作のピンアクションを生み出しているのでしょう。ピンが本当によく絡みます(^_^) 投球ラインとしては、色々と試してみましたが板目を多く使うよりも、タイト目に攻めて入射角度をあまり付け過ぎないくらいが良く倒れてくれているように思います。 前作は強いソリッドカバーでしたのでオイルを使いにいくラインを取る必要がありましたが、ハイブリッドカバーの今作ではオイルの境目を沿わす使い方ができて、幅広いレーンコンディションへ対応できる汎用性の高いボールに仕上がっていますね!
今年の目標は、永久A級ライセンス
※1
取得がかかった重要な一年なので、ケアをしっかりしてgoodなコンディションにてトーナメントに挑みたいと思います! 勿論、チャンスがあれば「コカ・コーラカップ・2013・千葉オープン」以来の2勝目を狙います!皆さん応援宜しくお願いしますね!
いかがですか?呉竹プロも私同様に、初代のイメージからすると、意外に曲り幅は控えめに捉えているようでしたが、ピンアクションの凄さとコントロールし易さから高いスコアを狙っていけるボールと太鼓判いただきました。
さて、続いて2人目は、昨年ランキング51位(男子シード権は上位48位)と惜しくもシード権を逃し今期の逆襲を誓う同郷の山上英章プロ(51期・1272:スポルト福岡)より同様にコメントをいただきましたのでご紹介いたします。
インタビュー
今回「アルティメット・ニルバーナ™」を投球した際の第一印象は、曲り幅の大きさと曲りの強さに驚きました。レーン手前からの転がり感は前作同様に抜群で、回転数の少ない私の球質でも十分な入射角度を得ることができました。 オイルを感じる長めのコンディションでは沿わすこともでき、幅を取らないといけない場面でもしっかりと戻ってくる安心感もあります。大きな出し戻しのラインを好む方、曲がりが足りずにお困りの方に絶対お勧めです!投球していると、周囲の会員さんらから絶賛のコメントを多数頂戴する程でした。1人でも多くの方にこの音を聴いてもらいたいです。
そして、今期の目標は「気持ちを込めてしっかりと」投げ抜き「2014・中日杯東海オープンボウリングトーナメント」以来の2勝目を目指します!
二名の人気プロボウラーによる「アルティメット・ニルバーナ™」のコメント有難うございます。今作のコンセプトでもある「闘う鼓動が聞こえる。」の通りに、お二人の勝利への意気込みは伝わりましたでしょうか。 勿論、両名だけでなくサンブリッジ契約プロスタッフ皆への暖かいご声援をお待ちしております。
※2
コメントを読み興味深いのは、球質や投球環境に個人の感じ方で大きくパフォーマンスイメージは異なってくるという点です。
どちらかと言うと、多少板目を使用し、ループさせる呉竹プロと、板目をよりタイトに攻めることを得意とする山上プロですので、 レーン攻略の際に視えているポジションの違いなど、互いにトッププロならではの感想を述べていただけたものと思います。双方に共通して言えるのは、ピンアクションの良さと操作性の高さでしょうか。前作が好きな方は勿論、より手前の滑りとピン側での曲り出しを求める方に大変おすすめできる新商材ということは間違いありません。
今作の表面番手は#500マイクロパッド
#4000です。目は多少細かいものの、やや曇った状態でのリリースとなります。曲がる球ならば初代を投球したい私にとっては差を出す為にも、ツヤ出し加工を施した状態で投球しています。 プラスチックレーンであれば、箱出でも十分なスキッドを確保できてキャリーダウンにも対応し易いでしょう。全体的にアーク状な軌道を好む方は#1000マイクロパッド
#2000程度に仕上げておけばオイルキャッチ力が高まり滑り感の無い形状を得ることも可能です。
ドリルレイアウトは「55°
×
4・5
/
8
×
45°」
で中指と薬指の指穴間の真上にピンを配置し、 これは比較投球にも用いた初代・ニルバーナ™と全く同様のレイアウトになります。 自身であまり転がすことが苦手なボウラーであれば、より早く曲がりを体感できるようなレイアウトもお勧めで、先の曲りを強調するか緩やかな軌道を求めるかでピンアップorピンダウンを調節してみてください。
今回の比較では分かり易く差が見えるように「アルティメット・ニルバーナ™」とニルバーナ™を、同じレイアウトと表面番手にした上で、比較投球を行いました。 すると、想像以上にレーン手前からミッドエリアでのキャッチ力に違いを感じました。私はボールスピードが速い方ですので、引き立ての44フィートでは初代の方がより強くブレーキが掛かり投げ易かったのですが、一般的なボールスピードの方々にとっては今作のスペックの方が垂れにくく深いバックエンドリアクションを感じられるように思います。 キャリーダウンに対して影響を受ける部分があるので、板目を広げての投球からタイトなラインにおいてもコンディション次第で投球可能でしょう。ピン側での曲りでは、初代がレーン中間より曲がり込む形状に対し「アルティメット・ニルバーナ™」は更に奥より力強くフックしてくれます。 私のイメージではバーコード状に荒れたコンディションではニルバーナ™が、よりフレッシュでメリハリのある状況では「アルティメット・ニルバーナ™」の方が的確に使用できそうな気がします。 ピンアクションの強さではどちらも魅力的ですが、強いて言えばポケットへの角度が少し甘いかなという際の飛びは今作が格段に優れていることを確認できました。
米国でも多くのセールスを達成している状況の今作は、国内においても多くの愛用者が続々と誕生しています。完売必至の注目作を手にし、個性を活かした使用をされてください。最後までお付き合いくださいまして有難うございました。それでは、また次回のレビューでお会いしましょう!
執筆後記
サンブリッジが力強く推している大注目作がここに誕生です。米国ブランズウィックが保有する技術を惜しみなく注ぎ実現したハイパフォーマンスボールで「闘う鼓動」を聴きましょう! このピンキャリーにきっと驚き、益々のブランズウィックファンになっていただけることは間違いありません。
※1
男子で年間公認ゲーム200G・210アベレージ以上またはシード権のどちらかを、5年連続達成されたプロボウラーが取得できるもので、ユニフォームに付けている赤色のJPBAプロワッペンの縁取りが、ゴールドへ変わります。
※2
今期は私も数試合に出場する予定です☆
今回のドリルレイアウト
レビューのバックナンバーを見る
逸見正晃プロのフェイスブック
ボール名
アルティメット・ニルバーナ™
究極のニルバーナ
ボールメーカー
ブランズウィック
ボールカラー
レッド・ホワイト・ブルーパール
カバーストック
コア
表面加工
硬度
73°
75°
RG Max
2.531
・15P
RG Min
2.477
・15P
RG Diff
0.054
・15P
RG Asy
0.013
・マスバイアス差
フックP
※1
245
・MAX:250
レングス
120
・MAX:235
ブレイクPS
※2
130
・MAX:150
フレアP
※3
フック
10.0
スキッド
6.0
バックエンド
9.0
ウェイト
12P
16P
適性レンコン
ブラックライト
対応していません
ブラックライト対応センター
出荷日
2016年3月10日
本体価格
52,000
+
※1:フックポテンシャル、※2:ブレイクポイントシェープ、※3:フレアポテンシャル、それぞれの略称となっています。 言葉の意味はこちらをご覧ください。
BALL WEIGHT
10P
11P
12P
13P
14P
15P
16P
上記の表示は輸入したポンド数に当ります。したがって、現在の在庫とはリンクしていませんので、あらかじめご了承の上ご参照ください。 また、1P(ポンド)は約453.6グラムになりますので、10Pは約4.54kg、16Pは約7.26kgとなります。
LANE CONDITION
ボールパフォーマンス
ボールイメージ
ボールイメージ
ベストレーンコンディション
箱出:#500
#4000
ロイヤルコンパウンドまたはロイヤルシャイン
#1500
#2000
サンブリッジ公式動画チャンネル
コア・コレクション
江頭インプレッション!
アルティメット・ニルバーナ™をはじめとする2016年3月発売ボール
egashira impression
ultimate nirvana
/
vintage danger zone
/
primo solid
江頭インプレッション!
ボール
ボール
ボール
今年2回目となる「江頭インプレッション!」は、大阪からカラフルガールズの新メンバー・長尾朱里プロ(48期・541:ボウルポップス)をお迎えして、 サンブリッジの澤田英幸プロ真野善久プロが脇を固めるパーフェクトな陣営で賑々しくお届けいたします。 今回ご紹介するのは「闘う鼓動」をキーワードにした人気シリーズの続編!完成度と熟成度にさらなる磨きがかかった話題のニューボールを楽しいボウリングトークで解説していきますので、約40分の長丁場となりますが、最後までお付き合いください。ボールの特徴などはカタログやウェブサイトなどでも解説していますが、読むのと、聞くのとでは、印象や受け止め方が違ってきます。 読むのが苦手な方は是非、4人のプロによる分かりやすい説明と軌道動画でニューボールの可能性を探ってみてください。また、今回は新しいレーンコンディション(動画内とPCサイトに掲載)上で投げていただきました。 各ボールのレイアウトはアルティメット・ニルバーナ™が「ドリルアングルが50°、ピン・PAPが4・1
/
8インチ、VAL角は30°」、ヴィンテージ・デンジャーゾーン™が「ドリルアングルが50°、ピン・PAPが4インチ、VAL角は70°」、 プリモ™・ソリッドが「ドリルアングルが50°、ピン・PAPが4・1
/
2インチ、VAL角は30°」で、それぞれドリルされています。「闘う鼓動」が聞こえてきそうなニューボールはどんなパフォーマンスを秘めているのか?是非、本ビデオでお確かめください。 なお、番組内容とは別に「江頭インプレッション!」のご感想やご意見を、SNS弊社投稿フォームを通じてお待ちしております。皆さんからのご提案でもっともっとブラッシュアップできればと考え、門扉を広く開けておりますので、こちらもよろしくお願いいたします。 ボウリングのことならサンブリッジ!ボウリングビデオのことなら「江頭インプレッション!」ニューボールのチェックは「江頭インプレッション!」で、よろしくお願いいたします。
江頭インプレッション!
アルティメット・ニルバーナ™
ヴィンテージ・デンジャーゾーン™
プリモ™・ソリッド
公開日:2016年3月14日・尺:39分16秒
コバヤシ.ボウル
アルティメット・ニルバーナ™をはじめとする2016年3月発売ボール
kobayashi.bowl
ultimate nirvana
/
vintage danger zone
/
primo solid
コバヤシ.ボウル
ボール
ボール
ボール
今年2回目となる「コバヤシ.ボウル」は「闘う鼓動」が話題の「アルティメット・ニルバーナ™」をはじめ、懐かしいボールが21世紀の技術で蘇った「ヴィンテージ・デンジャーゾーン™」、 そして、ラディカルから期待の「プリモ™・ソリッド」のニューボールをご紹介いたします。 ドリルレイアウトは前回と同様に「ドリルアングルが60°、ピン・PAPが6インチ、VAL角は70°」、レーンコンディションは「C」パターン(動画内とサイトでご確認できます。)という条件で撮影を行いました。 いずれも熟成の続編となります。小林哲也プロ(48期・1198:ラウンドワン)が放つ美しくパワフルな各軌道から、ご自身にあったお好みの一球を選択するキッカケになれば幸いです。 また、軌道動画のあとは今後のスケジュールなどにも触れていますので、小林哲也プロの動向やチャレンジにも是非、ご注目ください。
コバヤシ.ボウル
アルティメット・ニルバーナ™
ヴィンテージ・デンジャーゾーン™
プリモ™・ソリッド
公開日:2016年3月20日・尺:7分55秒
米国ブランズウィックのディファレンシャルコントロールは、ポンドによるRG Diffのバラつきを極限までなくし、数値の均一化をはかっています。
株式会社サンブリッジは米国ブランズウィックの日本正規販売代理店です。並行輸入された商品に関して当社は一切の責任を負いません。
記載されている商品の仕様は予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
オフィシャル壁紙