株式会社サンブリッジ
このページの先頭へ戻ります
カタログ・PDF
new ball catalog
高解像度写真
high resolution photo
過去号
back number
DV8 Grudge™
USBC
ヘビー
レンコンマークの影
次作を見る
目次へ戻る
DV8
DV8 Grudge™
DV8 Grudge™
コンポジット系最強種!
ヘビーオイル対応の新シリーズ「グラッジ™」が登場!
クリックすると拡大表示をします!
コアの影
国内外で数々のトーナメントタイトルを奪取し、今最も注目されているブランド「DV8」からヘビーオイルコンディション向けの新シリーズ「グラッジ™」が誕生しました。 この「グラッジ™」に搭載されている新開発の「コンポジット・フックソリッドリアクティブ」は、
今までのイメージを遥かに凌駕するキャッチ力と圧倒的な破壊力を併せ持つモンスター級のカバーストックです。
また、新たにデザインされた「グラッジ・低・RG・アシメトリックコア」はブレイクポイントで急激な軸移動を起こすことで、
よりスピーディーでアグレッシブな入射角を生み出し、コンポジットカバー特有のソフトで低いピンアクションを起こします。
レーンコンディショニング技術の向上により、近年多くなりつつあるヘビーオイルコンディションにおいて、まさにDV8の真骨頂となる「グラッジ™」は、戦う皆様の必須アイテムとなることは間違いないでしょう!
逸見正晃プロのストライクレビュー
第63回
2016年3月3日更新
こんにちは。プロボウラーの逸見正晃です。2016年2月発売ボール最後の1球をご紹介いたします。 今回取り上げます新ボールは、DV8ブランドよりヘビーオイルに対応した「グラッジ™」です。 新たなワールドリリースボールは台風の目となるのか?新素材カバーの中でも最強のフックパワーを秘めた今作にご期待ください。それでは、第63回ストライクレビュー「グラッジ™」編をどうぞ!
本作:
55°
×
4・5
/
8
×
45°・ピンアップセンターレイアウト・BH有
比較:
65°
×
4
×
50°・薬指穴内にピンを配置
会場:
博多スターレーン(ウッドレーン)
投球コンディション:
42フィートのクラウンコンディション
オイルボリューム:
30.6
ml

メンテマシン:
カストディアンプラス
オイル粘性:
42°
逸見正晃プロのストライクレビュー
オイルが多くて曲がらない、長いオイルだと滑ってしまって投げ辛いといった悩みは多くのボウラーが抱えていることかと思います。 ミディアム全般のボールは扱い易さと投げやすい範囲が広くメインボールとなることは間違いありませんが、オイリー以上やドライ気味なパターンではやはり使用が難しいものです。 そうした場合には、オイリー向けドライ向けといったボールを選択するのが効果的で常識とさえ言えるでしょう。 今回新たにリリースされたDV8ブランドの最新作「グラッジ™」は、これまで発売してきたブランズウィックグループのボールにおいて最大のフックポテンシャルを持つボールとして誕生いたしました。 ともに新開発されたカバーストックとコアデザインは非常に強い性質を持ち、正しくオイリーコンディションを攻略する為に製造されたボールと紹介させていただきます。
まず、一番のポイントは新素材「コンポジット」系カバーストックの中でも過去最高の摩擦力を生み出す「コンポジット・フックソリッドリアクティブ」を採用している点であり、明らかに物が違うというレベルでのレーンキャッチ力を実現いたしました。 オイルに対して大変強い仕様でありながら、表面が意外にサラサラとしている点から劣化の原因となるオイル吸着も控えめで耐久性に富んでいるように思います。表面にオイルや汚れが付着している状態ではパフォーマンスが鈍ってしまう為、こまめなメンテナンスは必要不可欠です。 謳い通り、従来のボールでは体感できなかったレベルでのキャッチ力を実現している為、幅広く使うボールではなくトーナメントでの朝一や引き立てのコンディション対策が主たる利用用途となるので、購入への参考としていただければ良いのではないでしょうか。
コアも新たに開発された「グラッジ・低・RG・アシメトリック」コアを搭載していますが、このコアは「RG Min:2.490、ΔRG:0.056」の強力な数値が示すように、非常に気持ち良い転がり感があります。 カバーストックの強さも噛み合い、レーン上を噛みつくかの如く素早い転がりが魅力と捉えています。
数多くDV8ブランドボールを投げてきましたが、この感触は大のお気に入りだったヘルレイザー・リベンジを彷彿とさせる程の水準で、転がりの良いボールをお探しの方は間違いなく納得してくれるはずです。 箱出で投球した最初の印象は、ウッドレーンである博多スターレーンでは正直使用頻度が低いかなという具合からのスタートでした。レーン硬度が柔らかいウッドでは、摩擦の強さがマイナスに働いてしまう危険性を含んでいる為、 手前からの過剰反応が起こる結果からボールの曲りが読みづらく難しい感覚に陥ってしまいました。正直、扱い易いボールという表現は適しにくい部分があるので「いつでも、だれでも、どこでも」適用のボールではない点は認識の上、ご利用いただけると良いでしょう。 しかしながら、そうしたスペックであるということは、適した環境下では無類に活躍が期待できる強力な武器という側面があるので、複数のボールをラインナップする競技者等には大変有効なボールがリリースされたことになります。
箱出の番手が#500マイクロパッド
#1000ですので、そのままでは非常に曲り出しが早くオイルの中だけを辿るように攻めなければいけないようにも見えたので、 しばらく投球した後に#2000マイクロパッド
#4000へと番手を細かく仕上げて試してみました。すると、アウトサイド方向のオイル量が少なく塗布されたエリアに出た際の戻り感がよりスムーズになり軌道が読めるようになりました。 個人的にはこれでもまだ噛みが強く感じていた為、そのままポリッシュ加工を施してみるとボールの動きが段々とシャープになりウッドレーンにおいても投球ができることが証明されたように思います。そして、やはり表面加工はボールに及ぼす影響力がとても大きく、投球環境やボウラーによって積極的に加工を試みることをお勧めいたします。 ハイパフォーマンスボールの特徴として、オイルキャッチに優れたボールは15
20G程度投球し、表面にオイルが微量に付着したくらいの方が過剰な反応を抑えられ、軌道イメージが分かり易くなる部分があるので、その程度までは箱出での投球でも良いかもしれませんが、参考までに紹介させていただきます。
それから、投球していて感じたことは、今作はDV8ブランドらしくパワフルな投球を行うなど、フィジカルに優れたボウラーが投げることにより、ポテンシャルを大きく引き出せる要素が広く存在するということ。 ボールを豊かに転がせるにつれてパフォーマンスが強力になるのは言うまでもありませんが、その伸びシロが多く感じられます。回転が不足気味の方でもグイグイ曲がってくれるというよりは寧ろ転がすことによって真価を発揮してくれるボールと表現した方が体感的にはしっくりきています。 あまり転がすことが得意ではないけれど、入射角度豊かな投球を目標とする方は同月にリリースされたブランズウィックオーラ™・ECSをお勧めいたします。このあたりはワールドリリースボールと日本向けボールの違いかもしれません。 玄人好みとも言うべき今作「グラッジ™」は、今までのボールで曲がらなかったから選択する、よりも多少曲がっているけれど更に大きなフックモーションを期待して選択する方法をとっていただけると、ニーズに沿ってプレーしていただけるはずです。
今回のドリルレイアウトは「55°
×
4・5
/
8
×
45°」
を選択し、ピン位置でピンアップのセンターに位置しています。 サイドウェイトの観点から、ミッドライン上にバランスホールをドリルいたしました。「グラッジ™」の強力なスペックではこの数値でも十分に強いパフォーマンスを示しますが、 ヘビーオイル専用で手前の滑りを抑制したければドリリングアングルを狭くしピン
-
PAP距離も短く設定しても良いでしょう。
比較対象として投球したのは、ラディカルブランド屈指のフックボールであるグル™・シュプリームです。 こちらはコアデザインに自信を持つ同ブランド取扱いボールの中でも現在最高のフックポテンシャルボールとなります。 レイアウトは「65°
×
4
×
50°」
と、多少違ったドリルをしていますが、表面は同様の番手加工を施した上で投球いたしました。 グルシリーズのコアは軸移動が早く捻じれ感が抜群なのに対し「グラッジ™」のコアはより手前からグルグルと転がり最後まで曲り切ってくれます。
違いを感じたのはやはりカバーストックの部分で、グル™・シュプリームも決して弱くありませんが、ミッドエリアでスキッドしすぎる状態においても「グラッジ™」は空回りすることなくレーンを噛んで直進してくれました。 オイルの上を投球しているにも関わらず、実量よりも薄く感じさせるのはこのボールの強さゆえでしょう。オイルゾーンからドライゾーンに膨らませても十分なピンアクションを見せてくれますが、 オイルゾーンをずっと辿ってポケットヒットしても強力なピンキャリーを出してくれる所がPRポイントに思います。
グル™・シュプリームは曲りが読み易い曲り系という認識で、 現在のラインナップではブランズウィックニルバーナ™と並びレーン攻略のオイリー部門を担当してくれている心強い味方の一球と位置づけています。 レーンを進むにつれて回転力が増すグル™・シュプリームは膨らませたラインの投球に長けており薄い方向への投球を考慮するとコチラの方が軌道イメージは視覚的にわかりやすいでしょう。 ありふれたオイルパターンでは顕著な違いは見出しづらいかもしれませんが、この「グラッジ™」は得意とする場面を確実に持っているボールとして間違いない一球です。
もし、貴方が競技会で多量のオイルに悩まされてきた場合、この「グラッジ™」はレーン攻略の救世主となるかもしれません。オイルに負けないモンスターパフォーマンスボールを是非、GETして有効に投球してください。 それでは、次回のレビューでまたお会いしましょう。
執筆後記
数ある新素材コンポジット系カバーの中において、最もパワフルなカバーと新開発の転がり感抜群コアとの融合によるビッグフックボールが、遂に登場!オイリー局地戦を力強く乗り切る為に「グラッジ™」を是非、手に入れてください!
今回のドリルレイアウト
レビューのバックナンバーを見る
逸見正晃プロのフェイスブック
DV8のオリジナル・マイクロファイバータオル
DV8のオリジナル・マイクロファイバータオル
今回もDV8のオリジナル・マイクロファイバータオル(グレー)を1枚プレゼントいたします。
ボール名
グラッジ™
惜しむ、羨む、嫉む、与え渋るなどを意味しています。
ブランド
DV8
ボールカラー
ブラック・パープル・ホワイト
カバーストック
コンポジット・フックソリッドリアクティブ
NEW

カバーについて詳しく解説した動画
コア
表面加工
硬度
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
RG Max
2.546
・15P
RG Min
2.490
・15P
RG Diff
0.056
・15P
RG Asy
0.014
・マスバイアス差
フックP
※1
265
・MAX:225
レングス
105
・MAX:235
ブレイクPS
※2
100
・MAX:150
フレアP
※3
フック
10.0
スキッド
5.0
バックエンド
9.0
ウェイト
14P
16P
適性レンコン
ブラックライト
特典
オリジナル・マイクロファイバータオルを1枚同梱
・左記写真参照
本タオルに使用している染料はカバーに吸収されることがあります。なるべくタオルなどの上にボールを長時間置かれないようご注意ください。なお、パフォーマンスには影響はありませんので、ご安心ください。
出荷日
2016年2月12日
本体価格
51,500
+
※1:フックポテンシャル、※2:ブレイクポイントシェープ、※3:フレアポテンシャル、それぞれの略称となっています。 言葉の意味はこちらをご覧ください。
BALL WEIGHT
10P
11P
12P
13P
14P
15P
16P
上記の表示は輸入したポンド数に当ります。したがって、現在の在庫とはリンクしていませんので、あらかじめご了承の上ご参照ください。 また、1P(ポンド)は約453.6グラムになりますので、10Pは約4.54kg、16Pは約7.26kgとなります。
LANE CONDITION
ボールパフォーマンス
ボールイメージ
ボールイメージ
ベストレーンコンディション
箱出:#500
#1000
ロイヤルコンパウンド
サンブリッジ公式動画チャンネル
コア・コレクション
江頭インプレッション!
オーラ™・ECSとグラッジ™とディーバ・XOXO
egashira impression
aura ecs
/
grudge
/
diva xoxo
江頭インプレッション!
ボール
ボール
ボール
2016年最初の「江頭インプレッション!」は、江頭善文プロ(31期・741:相模原パークレーンズ)を筆頭にサンブリッジの澤田英幸プロ真野善久プロで送る、 いつものレギュラー陣で賑々しくお届けいたします。今回ご紹介するのはニューボールオーラ™・ECSとグラッジ™とディーバ・XOXO)を中心とした2016年2月発売の商品群です。 ご存知のように、ボールの特徴などはカタログやウェブサイトなどで解説していますが、読むのと、聞くのとでは、印象や受け止め方が違ってきます。読むのが苦手な方は是非、3人のプロによる分かりやすい説明でニューボールの可能性を探ってみてください。 今回は新しいレーンコンディション(動画内とPCサイトに掲載)上で投げていただきました。ブランズウィック系が「ドリルアングルが50°、ピン・PAPが4インチ、VAL角は30°」、DV8系は「ドリルアングルが60°、ピン・PAPが4インチ、VAL角は30°」で、それぞれレイアウトされています。 2016年第2弾となる期待のニューボールはどんなパフォーマンスを魅せてくれるのか?是非、本ビデオでお確かめください。 なお、番組内容とは別に「江頭インプレッション!」のご感想やご意見を、SNS弊社投稿フォームを通じてお待ちしております。皆さんからのご提案でもっともっとブラッシュアップできればと考え、門扉を広く開けておりますので、こちらもよろしくお願いいたします。 ボウリングのことならサンブリッジ!ボウリングビデオのことなら「江頭インプレッション!」。2016年も「江頭インプレッション!」をよろしくお願いいたします。
江頭インプレッション!
オーラ™・ECS
グラッジ™
ディーバ・XOXO
公開日:2016年2月14日・尺:31分18秒・オリジナル解像度:w1920
×
h1080
コバヤシ.ボウル
オーラ™・ECSとグラッジ™とディーバ・XOXO
kobayashi.bowl
aura ecs
/
grudge
/
diva xoxo
コバヤシ.ボウル
ボール
ボール
ボール
2016年最初となる「コバヤシ.ボウル」は、不動の人気を誇るオーラの最新作「オーラ™・ECS」をはじめ、 DV8の新しいヘビー用ボール「グラッジ™」、そして、バレンタインデーの季節になるとやってくる新しい「ディーバ・XOXO(キス&ハグ)」をご紹介いたします。 今回はいずれも「ドリルアングルが60°、ピン・PAPが6インチ、VAL角は70°」でレイアウト、レーンコンディションは「C」パターン(動画内とサイトでご確認できます。)で撮影を行いました。 小林哲也プロ(48期・1198:ラウンドワン)が放つ美しくパワフルな各軌道から、ご自身にあったお好みの一球を選択するキッカケになれば幸いです。 また、ボール軌道以外では新しいブログの紹介や韓国でのトーナメント参戦、そして、今後のスケジュールをご紹介していますので、軌道動画と共に小林哲也プロの動向やチャレンジにも是非、ご注目ください。
コバヤシ.ボウル
オーラ™・ECS
グラッジ™
ディーバ・XOXO(キス&ハグ)
公開日:2016年2月21日・尺:5分10秒・オリジナル解像度:w1920
×
h1080
株式会社サンブリッジはDV8の日本正規販売代理店です。並行輸入された商品に関して当社は一切の責任を負いません。
記載されている商品の仕様は予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
オフィシャル壁紙