株式会社サンブリッジ
このページの先頭へ戻ります
カタログ・PDF
new ball catalog
高解像度写真
high resolution photo
過去号
back number
Radical Guru™ Master
USBC
ヘビー
レンコンマークの影
次作を見る
前作を見る
目次へ戻る
ラディカル
Radical Guru™ Master
Radical Guru™ Master
業界最強のアグレッシブリアクション。進化する過激さはもう誰にも止められない。
特許取得済みのコアでボウリングがもっと楽しくなる。
クリックすると拡大表示をします!
コアの影
ラディカルは、今回のグルシリーズを更にアグレッシブなリアクションを付けるため、
そのフッキングを全く新たなレベルへとボウラーを導くニューカバー「ニューアグレッシブソリッド」を完成させました。
このカバーストックは100%ソリッドでありながら、
レーンヘッドではよりスムーズに、ドライゾーンでは2作目のグル™・マイティを凌ぐ過激なリアクションを生み出す能力を秘めています。
また、
ドリルでコア形状を壊すことなくレイアウト
することで、ボールそのものの特性を最大限維持できるコアを、この「グル™・マスター」にも採用しています。 もちろん、
多様なドリル法で、ボウラーに合ったレイアウトも可能です。
過激!と言う名に相応しいバックエンドリアクションを是非、ご堪能ください。
LAYPUT SPECS
INT DIFF
TOTAL DIFF
DIFF RATIO
RG PAP
55
×
3
*
3
/
4
×
30
:
P2.5 SHARPER BREAKPOINT
0.040
0.066
0.61
2.541
35
×
4
*
1
/
4
×
30
:
P3 MIDLANE
0.038
0.066
0.56
2.553
85
×
4
*
3
/
4
×
70 CONTROL
0.024
0.034
0.72
2.529
60
×
4
×
30 DOUBLE THUMB
0.050
0.075
0.67
2.540
90
×
2
*
1
/
4
×
70
0.020
0.045
0.45
2.514
上記のドリリング・ダイナミックはこのボールのコア「グル・アシメトリック」だけに有効なレイアウト例です。
逸見正晃プロのストライクレビュー
第43回
2015年8月15日更新
こんにちは。プロボウラーの逸見正晃です。夏休み真っ只中の方が羨ましく思える今日この頃。連日、猛暑日を記録するような常夏をいかがお過ごしですか? あまりの暑さにクーラー使用を推奨するなど、異常気象とも言うべき状態が続いていますね。我慢せずに体温調節をしっかりと、スポーツを楽しんでいただきたいです。 真夏でも、悪天候でもボウリング場は全国元気に営業しております!アウトドアも良いですが、丁度良い運動量のボウリングで健康的な一汗を是非、お願いいたします。 さて、今回お届けいたしますレビューの最新作は、サンブリッジが期待を込めて代理店へと名乗り出た第3のブランド「ラディカル」の最高フックライン「グル™・マスター」です。 前作を超えるビッグフックモーションを実現した今作のポイントとは!?それでは、第43回ストライクレビュー「グル™・マスター」編をどうぞ!
本作:
50°
×
5
×
40°・中指寄りピンアップセンター・バランスホールP2
比較:
45°
×
4
×
30°・薬指真上位置ピン配置・バランスホール
会場:
博多スターレーン(ウッドレーン)
投球コンディション:
46フィートのクラウンコンディション
オイルボリューム:
30.75
ml

メンテマシン:
カストディアンプラス
オイル粘性:
42°
逸見正晃プロのストライクレビュー
ブランズウィックDV8に続く第3のブランドとして、サンブリッジが今春より取扱いを始めたラディカルブランド。僅かな取扱期間ながらも、ひしひしと存在感をアピールしてきました。 現在のラディカル取扱いボールにおいて、最高値のフックポテンシャルを誇るのが今作「グル™・マスター」になります。日本未発売のグル™・ブラックはソリッドカバーを採用したボールで、発表時には最も曲がるボールの一つとして高い評価を受けていました。 その第2弾として、サンブリッジが初めて取扱を行った前作のグル™・マイティはメリハリ感を強化すべく、ハイブリッドカバーを用いて国内市場へと投入されました。 発売直後より、多くのプロボウラーやトップアマチュアといった、ボールスペックに貪欲なボウラー達から高い評価を示し、大きな注目を浴びたことが記憶に新しく思います。
ボールパフォーマンスに最も影響する要素はカバーストックにあると先述して参りましたが、優れたコアデザインがベースとなる、ドリルによるボールパフォーマンスの変化を顕著なものとし、得意としているのがラディカルの大きな特徴の一つでもあります。 今作のカバーストックに採用したのは過去シリーズを見直し、更にグリップ力とフックパワーを増幅させるべく新開発した「ニューアグレッシブソリッド」になります。 これは、前作とは違った100%ソリッドカバーに関わらず、オイルに強いだけではなく大きなバックエンドリアクションが得られる所をポイントとして強調しておきましょう。 適合コンディションがヘビーオイル表記の為、皆さまご承知の通りに優れたハイパフォーマンスボールの真価を発揮する為にはコンセプトに沿ったオイルパターンが求められるというわけです。 今回のケースでは、幅広いレーンコンディション向けというよりも、レーン上のオイル塗布量が多くボールが滑り過ぎてしまいやすい状況下が最も有効な使用状況と言えます。 キャリーダウンに強く、ソリッドカバーらしく過敏なリアクションを起こしにくい為に一度、この安定感を体験するとラインナップの一つへと組み込みたくなることは間違いありません。 私が勤める博多スターレーンの常連ボウラー様にお作りした所、ハウストーナメントで数多くの優勝や高スコアをマークする等の素晴らしい実績に結びついています。 最初は購入をお悩みされていましたが、私の「グル™・マスター」を数回転がした結果、即購入ご依頼となった点からも、インパクトの強さが伝わるのではないでしょうか。オイルゾーンから果敢に攻めてもこのボールは向きを変え強力にフックしてくれます。 タイトなアングルボウラーには余程なオイルパターンでない限りフック超過してしまうかもしれませんので、注意が必要なほどです。強力な摩擦を誇るボールに多いのが、ドリルした直後に曲りを感じにくいという症状があります。実は、限りなく強く摩擦を起こしていることでボールの直進力が足りず、ボヤけたフックモーションとなってしまう為です。 そこで、オイリー向けスペックボールをお求めの方々に一つアドバイスを。新品から使用10
20G程度経過したくらいになると、表面に丁度良い量のオイルが吸着されることで動きが分かり易く落ち着いたものとなりやすいです。 また、その時点からのボールパフォーマンスが比較的長く続く為に安定したスコアリングを行える充実期間とも言うべきかと思います。ボールを新調したボウラーがしばらくプレーすると生まれる「慣れ」という感覚が出てくるのも、丁度このくらいではないでしょうか。自身の「グル™・マスター」も使用につれて段々と曲りが表面化してきていることが分かります。
そして、その高摩擦カバーを抜群のバランスで支えるのが、特許取得済のコアデザインで「グル・アシメトリック」といいます。 これは、ドリルによるコア形状を壊さずにレイアウトが行えるというラディカルの真骨頂とも言うべきコアとなっており、それぞれのコアに対したドリルチャートが存在します。是非、参考にしていただき「グル™・マスター」の完成度を楽しんでください。
私の投球イメージでは、他ボールがレーン手前やミドルエリアで必要以上にスキッドし過ぎる際がやはり使用適合時に感じました。ブレーキが掛かりながら進むような印象を持ちますが、レーン中盤から徐々に方向転換を始めバックエンドではかなり大きなフック軌道が得られるのは謳い文句を裏切らず、曲がりを出せずに困っていたボウラーにとって救世主とも言うべき1球です。 正直、オイルが無いと難しいなと感じる部分はありましたが、その分に活躍する適合範囲がはっきりとしている為に使い易いという評価をしても良いと思います。薄めの7ピンや厚めの4ピンが良く倒れてくれる印象があり、10ピンの飛びもばっちりです。 回転数が一般的なボウラーの早めコンディション対策や高回転ボウラーが厚いオイルから攻めることにも大変有効でバランス良い設計である証拠ではないでしょうか。
今回の「グル™・マスター」はヘビー向けボールということもあり、表面仕上げは#500マイクロパッド
#1500仕上げと粗めの仕上がりです。 先述の通り、この手のマット系ボールは使用につれて徐々に表面が変わり動きが変化してきます。しばらく投球を重ねた上で、表面を箱出しで保つのか、もしくは細かく研磨する等という対応をお勧めします。
今回、ドリルレイアウトは「50°
×
5
×
40°」
でピン位置では中指穴位置寄りのピンアップになります。 PIN
-
PAPを5インチとし、強いスペックをできるだけ幅広い使用範囲になればとスキッドエリアを考慮しています。完全非対称コアならではのマスバイアス位置による影響が大きなコアですので、マスバイアス効果はあまり早く反応し過ぎないようにとの想定です。 ビッグフックボールのイメージを強調したい方は「グル™・マスター」のチラシに掲載されているドリルチャートを活用しPIN
-
PAP距離を短くVAL角を小さめに設定することで、豊かなバックエンドリアクションを得られると思います。
比較ボールは当然、初のラディカル取扱いボールグル™・マイティを選択し、投球いたしました。 こちらは「45°
×
4
×
30°」
のレイアウトで、ピン位置では薬指穴の上部にピン配置になります。カバーストックがハイブリッドカバーで、メリハリの良さと粘りあるフックモーションで男女プロ問わず人気ボールです。 こちらはオイリー以上での使用よりミディアムからオイリーでの投球が適しているスペックです。グル™シリーズに共通しているのは、コア作用から生まれる捻じれ感とグイグイと曲り込む動きにあります。しっかりと曲りが出せる状態で投球すると非常に優れたピンアクションが得られるので投球するシチュエーションには注意したい所です。
番手の違いは「グル™・マスター」が先述の#500マイクロパッド
#1500に対し、グル™・マイティは#500マイクロパッド
#4000で、番手からもコンセプトが分かり易く作られています。 マット仕上げの「グル™・マスター」はオイルを使うと活きた球質を可能としますが、あまり長い区間薄いエリアを辿るとかなり丸い曲り形状となり、本来の持ち味とは違ったパフォーマンスとなります。やはりオイルの存在に敏感なボウラーほど上手く使いこなせるのではないかと思います。 それに対しグル™・マイティは手前が程よくスキッドしてくれる為「グル™・マスター」に比べてアウトラインからの使用が主になり、ハイブリッドのキレを活用する為にドライゾーンへとボールを運んであげる必要があります。 ボールの落とし位置のオイル量や伸び具合で使い分けできれば有効な2球で、ピン前で動きが見にくく、全体的に薄めのコンディションの際にはグル™・マイティを選び、キャリーダウンによって反応が甘くなりオイルに負けていると感じたら「グル™・マスター」を選択しましょう。 使う場面が異なるスペックですので、投球者の好みやコンディションに応じてチョイスしてください。業界が誇るマニアな開発スタッフが贈る珠玉の1球が市場に登場いたしました。今までのボウリングボール達とも一味違ったパフォーマンスを是非ご体験ください。それでは、また次回のレビューでお会いしましょう!
執筆後記
業界屈指のフックパワーを誇るモンスターボールが遂に誕生。ドリルレイアウトによるフックモーションの違いも大きな魅力です。ロングフックが好みのボウラーは見逃し厳禁です!
今回のドリルレイアウト
レビューのバックナンバーを見る
逸見正晃プロのフェイスブック
ビデオ
江頭インプレッション!
公開日:2015年7月5日・38分9秒・w1920
×
h1080・撮影協力:相模原パークレーンズ
バックナンバーを見る
サンブリッジ公式動画チャンネル
江頭インプレッション!
2015年7月の「江頭インプレッション!」は、江頭善文プロ相模原パークレーンズ)とサンブリッジの澤田英幸プロ真野善久プロの3人でお送りいたします。 今回お届けするのは、サンブリッジのSNSなどで玉ねぎを使ったカウントダウンでも話題となった3個のニューボール(サグ™・コラプトバンダル™、グル™・マスター)です。 カタログやウェブサイトなどで新採用となったテクノロジーの解説はしていますが、読むのと、聞くのとでは、印象や受け止め方が違ってきます。 読むのが苦手な方は是非、3人のプロによる分かりやすい説明でニューボールの可能性を探ってみてください。今回は新しいレーンコンディション(動画内とPCサイトに掲載)上で投げていただきました。 また、どのボールもドリルアングルが50°、ピン・PAPが4インチ、VAL角は20°でレイアウトをしています。20数年ぶりにフルモデルチェンジを果たした本作は、どんな進化を魅せてくれるのか?是非、本ビデオでお確かめください。 なお、番組内容とは別に「江頭インプレッション!」のご感想やご意見を、SNS弊社投稿フォームを通じてお待ちしております。 皆さんからのご提案でもっともっとブラッシュアップできればと考え、門扉を広く開けておりますので、こちらもよろしくお願いいたします。ボウリングのことならサンブリッジ!ボウリングビデオのことなら「江頭インプレッション!」また、来月もお楽しみに!
ビデオ
コバヤシ.ボウル
公開日:2015年7月15日・6分10秒・w1920
×
h1080・撮影協力:ラウンドワン・わらび店
バックナンバーを見る
サンブリッジ公式動画チャンネル
コバヤシ.ボウル
2015年7月の「コバヤシ.ボウル」は20数年ぶりにフルモデルチェンジしたカバーが話題のDV8の新機軸「サグ™・コラプト(ドリルアングルが40°、ピン・PAPが7インチ、VAL角は78°)」と、 テスターの評判が良い期待の新シリーズ「バンダル™(ドリルアングルが70°、ピン・PAPが7インチ、VAL角は75°)」、そして、最後は勢いのあるラディカルから「グル™・マスター(ドリルアングルが70°、ピン・PAPが6・1
/
2インチ、VAL角は40°)」の合計3個のボールをお届けいたします。 今月の軌道はレーンコンディション「C」で撮影を行いました。 美しくパワフルな各軌道から、ご自身にあったお好みの一球を選択するキッカケになれば幸いです。エンディングでは今後のスケジュールをご紹介していますので、軌道と共に小林哲也プロ(48期・1198:ラウンドワン)のチャレンジにもご注目ください。
ビデオ
ザ・プレゼン
公開日:2015年9月16日・27分1秒・w1920
×
h1080・撮影協力:エリアドゥ三田ボウリングセンター
バックナンバーを見る
サンブリッジ公式動画チャンネル
サンブリッジビデオ
ラディカル「プリモ™」と「グル™・マスター」にスポットライトを当てた軌道ビデオを公開しました。 この番組ではレイアウトの違うボールをそれぞれ3個ずつ用意して、サンブリッジ契約プロに投げていただき、そのインプレッションを伺っていく構成になっています。 今回ご協力いただいたのは、河津亨至プロ(44期・1080:イーグルボウル)と栗本友プロ(43期・1060:弁天町グランドボウル)のお二方。 ラディカルの良さをもっとわかっていただこうと企画したプレゼンビデオです。 日頃からラディカルが気になる方は、必見の内容となっていますので、この機会に本ビデオを観ていただき、ご購入などの参考資料として利活用してください。 さて、サンブリッジ公式動画チャンネルではご感想やご意見を、SNS弊社投稿フォームを通じてお待ちしております。 皆さんからのご提案でもっともっとブラッシュアップできればと考え、門扉を広く開けておりますので、こちらもよろしくお願いいたします。
SunBridge Cleaner Products
ボールのお掃除とお手入れは下記の商品をお使いください。
あなたの大切なボールを延命させるには、日頃のケアがとても大切です。
マイクロファイバー・シーソー
ブランズウィック・ドットタオル
ボールクリーナープロ
ジャイアント・シーソー
ボール名
グル™・マスター
ブランド
ラディカル
ボールカラー
ブラックソリッド・オレンジソリッド
カバーストック
ニューアグレッシブソリッド
NEW

カバーについて詳しく解説した動画
コア
表面加工
硬度
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
RG Max
2.501
・15P
RG Min
2.457
・15P
RG Diff
0.044
・15P
RG Asy
0.018
・マスバイアス差
フック
9.0
スキッド
6.5
バックエンド
9.5
ウェイト
14P
16P
適性レンコン
出荷日
2015年7月14日
本体価格
49,500
+
BALL WEIGHT
10P
11P
12P
13P
14P
15P
16P
上記の表示は輸入したポンド数に当ります。したがって、現在の在庫とはリンクしていませんので、あらかじめご了承の上ご参照ください。 また、1P(ポンド)は約453.6グラムになりますので、10Pは約4.54kg、16Pは約7.26kgとなります。
LANE CONDITION
ボールイメージ
ベストレーンコンディション
箱出:#500
#1500
サンブリッジ公式動画チャンネル
コア・コレクション
株式会社サンブリッジはラディカルの日本正規販売代理店です。並行輸入された商品に関して当社は一切の責任を負いません。
記載されている商品の仕様は予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
オフィシャル壁紙