株式会社サンブリッジ
このページの先頭へ戻ります
カタログ・PDF
new ball catalog
高解像度写真
high resolution photo
過去号
back number
Radical Primo™ Solid
USBC
ヘビー
レンコンマークの影
ミディアムヘビー
レンコンマークの影
ミディアム
レンコンマークの影
前作を見る
目次へ戻る
ラディカル
Radical Primo™ Solid
Radical Primo™ Solid
使い手を選ばずオールラウンダーとして先陣を切る!
その名の通り、最も信頼できるベンチマーク・ボールが誕生!
クリックすると拡大表示をします!
コアの影
独自の観点で日々進化を続けるラディカルブランドの代名詞とも言える「フィンガー・スクープテクノロジー」。 その搭載モデルの中でも安定性において、最も特化した存在のプリモ™シリーズの第2弾は、
新たなフォーミュレーションのソリッドカバーで登場いたします。

この「プリモ™・ソリッド」は
オイルの濃淡をしっかりと捉えることができ、レーンアジャスティングにおいて、まさに指針となるベンチマーク・ボールとして使用できます。
また、初代のプリモ™において証明されたシンメトリックコアの抜群の安定感を誇る転がりとフックモーションは投げ手を選ぶことなく、
初心者から上級者まであらゆるボウラータイプにマッチします。
無限大の使用用途は、まさにオールラウンダーの証。ラディカルと共に、新たなステージへ進んでみてはいかがでしょうか!
逸見正晃プロのストライクレビュー
第64回
2016年3月21日更新
こんにちは。プロボウラーの逸見正晃です。3月もサンブリッジより目白押しの3球がリリースされています。 今月最初のレビューボールはラディカルより発売の「プリモ™・ソリッド」です。ドリル当初より抜群のスコアメイク力で、シンプルなのに独特な安定感とコーナーピンを効率よく弾くことで即座に気に入った一球です。 その証拠に、ドリルして10Gほど経った頃にはパーフェクトゲームも達成することができて益々信頼度が上がりました。
同月にはブランズウィック最上位・ニルバーナ™の後継モデルであるアルティメット・ニルバーナ™がリリースされることもあり、 ラディカルブランドとしては難しい立ち位置かもしれませんが、投げれば分かる出来栄えの良さをお伝えし選択していただけたらと思います。 それでは、第64回ストライクレビュー「プリモ™・ソリッド」編をどうぞ!
本作:
60°
×
4
×
30°・薬指穴真上位置にピン配置
比較:
60°
×
4
×
30°・薬指穴真上位置にピン配置
会場:
博多スターレーン(ウッドレーン)
投球コンディション:
44フィートのクラウンコンディション
オイルボリューム:
30.4
ml

メンテマシン:
カストディアンプラス
オイル粘性:
42°
いつもより若干オイルの長さが長くなっています。
逸見正晃プロのストライクレビュー
最も投球機会が多いと思われるハウスコンディションやリーグボウラーを主なボウラー層として開発を行っているラディカルブランドより、また新たにメインボールの一角を担える武器が誕生いたしました。 2015年・夏以来のプリモ™シリーズ第2弾となります「プリモ™・ソリッド」は、高い信頼を勝ち取るべく製造されており攻めの姿勢を失うことなく安定した軌道を提供いたします。
前作で定評を得た抜群の転がり感はそのままに、適合コンディションをミディアム
ヘビーまで幅広く対応するべく強力なソリッドカバーと融合した結果、 レーン手前から的確にレーンキャッチしパワーを維持したままピンに頼もしくぶつかっていく様は見る人を納得させられる水準を十分に持つボールと言えます。パールカバーからソリッドカバーへ変わったことによって、オイル上で流されることは無くなりキャリーダウン状態においてもピンをしっかりと弾いてくれる所が強みでしょう。 強いレーンキャッチ力を感じるわりに曲り幅と形状はとても読み易く、素直なレーンコンディションは勿論ながらバーコード状に荒れたコンディションでも優位に活躍してくれるオールラウンダーという立ち位置をカバーしてくれるので投げていて助けられたと思う場面が度々出てくるほどです。
この「プリモ™・ソリッド」には前作同様の低慣性対称コアが採用されており、私がシリーズを通して気に入っている最大の要因はこの転がり感が気持ち良い点です。 素早い回転力が安定した軌道を手助けし、多少の「ズレ」に対しての対応力が非常に優れているように感じられ、ポケットヒットの成功率が飛躍的に高められることをポイントに挙げたいと思います。RG Min:2.483の数値が示すようにリリース直後から豊かに転がる様は国内ボウラーにとって有力である場合が多く、 ブランズウィックの人気シリーズ「オーラ」に匹敵する転がりの安定感と評価しています。
投げてみた感想としては、先程から書いているように特筆する点は転がり感です。しかし、ただ転がるだけではなくコントロール性能にも優れたバランスが良くピン前の曲りが不安定な状況やオイルの濃淡・壁が高いコンディションでも特に使用する機会が出てくるように感じました。 あまり出し戻しを行うリアクションイメージでは無かったものの、自身でボールを早く転がすことができる選手ならばストロングフックを得ることも容易に可能です。内壁の高いコンディションではしっかりとレーンに張り付きながらも不要に暴れることなくポケットに吸い込まれ、 オイルが比較的少ない部分では進みながら方向転換し終わらず寄っていくことでキャッチ力の高いボールなのにロールアウトしづらく最後まで曲り続けることを可能にしてくれます。しっかり転がすとその分パワフルなピンアクションを示し、やや薄めから厚めまで広いストライクゾーンを得られるのはとても魅力的です。 ソリッドカバーはキャッチ力の良さが売りとなる為に、手前が長くスキッドするボールをお求めの方には早い段階で曲りが始まってしまうのでお勧めはできませんが、滑って困っているというボウラーやレーンを探りやすい球、回転させても暴れない球をお探しの方には非常に良いボールになっています。
また、表面の番手は見た目に粗さが伝わりますが、#500マイクロパッド
#2000の工場仕上げです。ソリッドカバーらしさと柔らかさを感じる為にはマット仕上げでの投球を推奨し、強弱は番手の粗さを調節されると良いでしょう。 このボールが直進せずに難儀する場面ではより直進力のあるボールを選択して投球するように心掛けられるほうがスムーズにボールチェンジも行えるようになると思います。
今回のドリルレイアウトは、比較ボールに用いた初代・プリモ™と同様に「60°
×
4
×
30°」
のピンアップレイアウトを採用しています。 曇り玉ですので、いかにロールアウトさせずピン前で起こしてあげられるかがピン飛びに影響すると思いドライエリアでは素早い移行を狙った次第です。ピンアップでも必要なレーンキャッチ力は充分確保されており、使い易さのバランスを考慮するとこのあたりが良いかもしれません。
初代・プリモ™と今作「プリモ™・ソリッド」の違う点はカバーストックの種類です。パール系カバーからソリッドカバーとなった点からよりオイルに対し強化されたことは言うまでもありません。 パールカバーなのに過敏過ぎずコントロールし易いと感じていたプリモ™でしたので、今作はそのイメージを持ったままオイリー側にシフトできたことは扱い馴れする期間が短く済んだ由縁でしょう。 転がっている感触はやはり同コアであることから似た印象を持ちますが、オイル量により流されていた前作に比べると飛躍的に攻撃性が増しています。 良く転がりオイルに強いのに無理な軌道を描かない、これまであまり無いタイプの独特さが際立つラディカル「プリモ™・ソリッド」。 外でも中でも色々なラインから攻められるベンチマーク・ボールとして市場に新登場いたします。投げないと良さはわかりません!使い易さと使用範囲の広さに定評ある同ブランドボールを是非、ご検討くださいませ。 それでは、また次回のレビューヴィンテージ・デンジャーゾーン™予定)でお会いしましょう!あの伝説のボールが再びレーンに蘇ります。乞うご期待!
執筆後記
ラディカル一の転がり感を持つ低慣性対称コアにレーンに張り付くかのようなグリップ力を持つソリッドカバーとのコンビネーションボールが誕生! 必要な分を的確に曲りポケットへの対応力とピンアクションが格段に向上いたしました。スコアメイク上手を目指すならば是非、お試しください!
今回のドリルレイアウト
レビューのバックナンバーを見る
逸見正晃プロのフェイスブック
ボール名
プリモ™・ソリッド
ブランド
ラディカル
ボールカラー
ブルー・ライムグリーン
コア
表面加工
RG Max
2.531
・15P
RG Min
2.483
・15P
RG Diff
0.048
・15P
フック
7.5
スキッド
6.0
バックエンド
7.5
ウェイト
12P
15P
適性レンコン
ブラックライト
対応していません
ブラックライト対応センター
出荷日
2016年3月10日
本体価格
42,000
・税別
BALL WEIGHT
10P
11P
12P
13P
14P
15P
16P
上記の表示は輸入したポンド数に当ります。したがって、現在の在庫とはリンクしていませんので、あらかじめご了承の上ご参照ください。 また、1P(ポンド)は約453.6グラムになりますので、10Pは約4.54kg、16Pは約7.26kgとなります。
LANE CONDITION
ボールイメージ
ベストレーンコンディション
箱出:#500
#2000
ロイヤルコンパウンド
#500
#1000
サンブリッジ公式動画チャンネル
コア・コレクション
江頭インプレッション!
アルティメット・ニルバーナ™をはじめとする2016年3月発売ボール
egashira impression
ultimate nirvana
/
vintage danger zone
/
primo solid
江頭インプレッション!
ボール
ボール
ボール
今年2回目となる「江頭インプレッション!」は、大阪からカラフルガールズの新メンバー・長尾朱里プロ(48期・541:ボウルポップス)をお迎えして、 サンブリッジの澤田英幸プロ真野善久プロが脇を固めるパーフェクトな陣営で賑々しくお届けいたします。 今回ご紹介するのは「闘う鼓動」をキーワードにした人気シリーズの続編!完成度と熟成度にさらなる磨きがかかった話題のニューボールを楽しいボウリングトークで解説していきますので、約40分の長丁場となりますが、最後までお付き合いください。ボールの特徴などはカタログやウェブサイトなどでも解説していますが、読むのと、聞くのとでは、印象や受け止め方が違ってきます。 読むのが苦手な方は是非、4人のプロによる分かりやすい説明と軌道動画でニューボールの可能性を探ってみてください。また、今回は新しいレーンコンディション(動画内とPCサイトに掲載)上で投げていただきました。 各ボールのレイアウトはアルティメット・ニルバーナ™が「ドリルアングルが50°、ピン・PAPが4・1
/
8インチ、VAL角は30°」、ヴィンテージ・デンジャーゾーン™が「ドリルアングルが50°、ピン・PAPが4インチ、VAL角は70°」、 プリモ™・ソリッドが「ドリルアングルが50°、ピン・PAPが4・1
/
2インチ、VAL角は30°」で、それぞれドリルされています。「闘う鼓動」が聞こえてきそうなニューボールはどんなパフォーマンスを秘めているのか?是非、本ビデオでお確かめください。 なお、番組内容とは別に「江頭インプレッション!」のご感想やご意見を、SNS弊社投稿フォームを通じてお待ちしております。皆さんからのご提案でもっともっとブラッシュアップできればと考え、門扉を広く開けておりますので、こちらもよろしくお願いいたします。 ボウリングのことならサンブリッジ!ボウリングビデオのことなら「江頭インプレッション!」ニューボールのチェックは「江頭インプレッション!」で、よろしくお願いいたします。
江頭インプレッション!
アルティメット・ニルバーナ™
ヴィンテージ・デンジャーゾーン™
プリモ™・ソリッド
公開日:2016年3月14日・尺:39分16秒
コバヤシ.ボウル
アルティメット・ニルバーナ™をはじめとする2016年3月発売ボール
kobayashi.bowl
ultimate nirvana
/
vintage danger zone
/
primo solid
コバヤシ.ボウル
ボール
ボール
ボール
今年2回目となる「コバヤシ.ボウル」は「闘う鼓動」が話題の「アルティメット・ニルバーナ™」をはじめ、懐かしいボールが21世紀の技術で蘇った「ヴィンテージ・デンジャーゾーン™」、 そして、ラディカルから期待の「プリモ™・ソリッド」のニューボールをご紹介いたします。 ドリルレイアウトは前回と同様に「ドリルアングルが60°、ピン・PAPが6インチ、VAL角は70°」、レーンコンディションは「C」パターン(動画内とサイトでご確認できます。)という条件で撮影を行いました。 いずれも熟成の続編となります。小林哲也プロ(48期・1198:ラウンドワン)が放つ美しくパワフルな各軌道から、ご自身にあったお好みの一球を選択するキッカケになれば幸いです。 また、軌道動画のあとは今後のスケジュールなどにも触れていますので、小林哲也プロの動向やチャレンジにも是非、ご注目ください。
コバヤシ.ボウル
アルティメット・ニルバーナ™
ヴィンテージ・デンジャーゾーン™
プリモ™・ソリッド
公開日:2016年3月20日・尺:7分55秒
株式会社サンブリッジはラディカルの日本正規販売代理店です。並行輸入された商品に関して当社は一切の責任を負いません。
記載されている商品の仕様は予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
オフィシャル壁紙