株式会社サンブリッジ
新商品はこちら
このページの先頭へ戻ります
テストレポート
new ball test report
カタログ・PDF
new ball catalog
高解像度写真
high resolution photo
過去号
back number
Brunswick Melee™
USBC
ヘビー
レンコンマークの影
ミディアムヘビー
レンコンマークの影
ミディアム
レンコンマークの影
次作を見る
目次へ戻る
ブランズウィック
Brunswick Melee™
Brunswick Melee™
2013年を締めくくるオールラウンダーの登場です。
クリックすると拡大表示をします!
コアの影
新しい「メーリー™」は
バーサティリティ(万能性)を極めたオールラウンダーボール
です! この「メーリー™」はブランズウィックのボールラインの中で
一番の万能性が有り、ベンチマークとしてオールラウンドに性能を発揮するニューボール
です。 新しいカバーのサヴィ・ソリッドリアクティブはオイリー
ミディアムレーンに過敏に反応すること無く、スムーズに走りミッドレーンまで安定した転がり、しっかりバックエンドをとらえます。 また、こちらも新しく開発した「メーリー・中・RG・シンメトリックコア(RG:2.539
/
0.050)」はエネルギーをピン手前まで温存してヒッティングパワーを強めます。
ポケットへのエントリーアングルが広く、
ボウラータイプを選ばず、あらゆるライン取りを可能にする究極のバーサティリテーボール
です。
米国のブランズウィック・プロスタッフもレーンコンデションを探るメインボールとして、ラインナップに必ずセットアップするボールとなっています!
逸見正晃プロのストライクレビュー
第2回
2013年12月25日更新
皆さん、こんにちは。初のストライクレビューとなったマスターマインド™の回はもうご覧いただけましたか? 今回も皆さんへ分かりやすい情報提供をポイントにレビューしたいと思います。第2弾で取り上げるのは同じブランズウィック社の新作「メーリー™」です。
本作:
55°
×
4・1
/
2
×
33°
比較・デュード™:
65°
×
4
×
45°
比較・Cシステム・バルサマックス:
50°
×
4・1
/
8
×
30°
会場:
博多スターレーン(ウッドレーン)
投球コンディション:
43フィートのクラウンコンディション
オイルボリューム:
30
ml

メンテマシン:
カストディアンプラス
オイル粘性:
42°
逸見正晃プロのストライクレビュー
2013年のラストリリースとしてブランズウィックから登場した「メーリー™」。先月発売し、数多くのボウラーに魅了されているマスターマインド™がオイリー仕様であり、レーンコンディションや球質に左右されるという一面もありました。 今回発売になる「メーリー™」は様々な状況において幅広い用途が得られるようにと開発されました。ストローカーからクランカータイプまで、タイトなラインから板目を多く使うことも可能です。 新開発の「サヴィ・ソリッドリアクティブ」はオイル上での過敏な反応を抑えることが出来、レーンコンディションを探る為のボールとして有効です。 もう一つ、「メーリー™」の万能性を生み出しているのは、こちらも新開発の対称型コア「メーリー・中・RG・シンメトリックコア(RG:2.539
/
0.050)」
がポイントとなっています。 強力なパフォーマンスを求める際に非対称:マスバイアスコアを採用することは有利に働きますが、安定した曲りを望むならば対称コアがやはりお奨めです。 更に、表面仕上げに使用されているロイヤルコンパウンド(#2500)とロイヤルシャイン(#5000)は非常に細かな研磨仕上げを可能にするブランズウィック社の新・研磨剤です。 下地が#500マイクロパッドということもあり、手前での滑りすぎる印象はあまりなく、軌道をイメージし易いのが一番のポイントと言えるでしょう。実際に投球した感覚としては、手前の動きよりも先での動きを確保できる際の使用がマッチするかなと思います。 つまり、キャリーダウンが厳しい状況では曲りを感じ辛くなる為に、フレッシュな環境や短めのコンディションで効果的な武器となってくれるはずです。 今回の比較ボールは、DV8デュード™Cシステム・バルサマックス(以下、バルサマックス)を選びました。 デュード™は板目を多く使わず、狭いアングルを攻める時に重宝しており、 オイルが枯れてきたゲーム後半などに安心して投球することが出来るお気に入りの一つになっています。DV8の人気ボール、ディーバに採用したコアを比重変更し、ドライ気味なコンディションにおいてもしっかりパフォーマンスをする様に作られました。 箱出での表面番手は「メーリー™」と同様の仕上げとなり、長いスキッドとピン前でのコンパクトでシャープなバックエンドリアクションを得られ、スピード不足気味な方やドライなコンディションで活躍してくれます。曲り幅では「メーリー™」に比べると立ち位置3枚程度の差を感じます。 もう一つの比較ボールであるバルサマックスは、発売からかなりの期間が経ちましたが、今なお利用者も多く、私も愛用者の一人です。 万能ボールという評価を受け、一日中バルサマックスだけで投げ通した大会も少なくありません。今回の「メーリー™」同様に、パールを混入せず、ソリッドカバーにも関わらずスキッド感を得られるのはブランズウィックの技術力の高さと言うべき所でしょう。 スペックチャート以上のシャープなリアクションイメージで、ついつい持ちたくなる程のボールです。比較投球したバルサマックスが結構なゲーム数を使用したものですので、オイルに若干弱くなりましたが、その分手前の走りを感じられます。 昨今のハイパフォーマンスボールは暫く使ってボール表面が落ち着いた程度が安定するなと実感いたしました。実は「メーリー™」はこの優等生であるバルサマックスの後継モデルなのです! ドリルレイアウトは55°
×
4・1
/
2
×
33°と、シャープさを求めてレイアウトしました。
コアの力がおとなしめですので、ストローカータイプではしっかりと転がりを出すように、早めから曲りを感じ易く強くレイアウトした方がロール状態へ移行を促し柔らかいピン飛びを感じられるでしょう。 試しに、表面を荒目の#800に落として投球した所、手前のレーンキャッチ力は当然強力になりましたが、先での動きが非常にマイルドになってしまいました。#2000仕上げでは、適度なバランスを保つことが出来、オイルを使って投球するスタイルの方に良い安心を感じられました。 現在のボール業界はハイパフォーマンスボールが数多く普及し、レーンコンディションの変化は飛躍的に早くなってしまっています。その様な中で、コンディションへの抜群の対応力でスコアメイクに長けたオールラウンダーとして誕生した「メーリー™」。 シングルボールユーザーから、多くのラインナップを使いこなすボウラーまでをカバーします。見た目も大変鮮やかなこの「メーリー™」で、レベルアップして楽しみましょう!
執筆後記
ミディアムを中心に、幅広いレーンコンディションへの対応やボウラーの要望に応える優等生です。過激な反応をせず、オイル状態の把握に適したオールラウンダーボール。あまりスピードの無い方やコントロールし易いボールをお探しの方にオススメいたします。
今回のドリルレイアウト
レビューのバックナンバーを見る
逸見正晃プロのフェイスブック
ビデオ
江頭インプレッション!
公開日:2013年12月18日・3分10秒・w1920
×
h1080・撮影協力:相模原パークレーンズ
バックナンバーを見る
サンブリッジ公式動画チャンネル
江頭インプレッション!
2013年12月の「江頭インプレッション!」は、ブランズウィックのオールラウンダー「メーリー™」をピックアップしました。 今回もノーマルスピード(終速26km­)とメカテクター(MD
-
4DX・ファイテンバージョン)
を装着した2種類の軌道を、 箱出(ドリルアングルが45°、ピン・PAPが4インチ、VAL角は20°)と比較対照­ボールとなるミーンストリーク™・ビートダウンで投げ比べを行いました。
江頭善文プロに「これ、意外にいいかも!」と言わせた「メーリー™」とは、一体どんなパフォーマンスを秘めているのか? ニューシリーズの原点ともなる可能性を秘めた実力派ボールです。是非、その目でご確認くだ­さい。 ちなみに、今回のレーンコンディションは44フィートのロング、レーンヘッドはオイリーとなっています。
ビデオ
メーリー™:プロモビデオ
公開日:2013年12月5日・2分23秒・w1920
×
h1080
バックナンバーを見る
サンブリッジ公式動画チャンネル
サンブリッジビデオ
本作は米国ブランズウィックが制作した「メーリー™」の公式プロモーションビデオ(日本語字幕付)です。 同社コンシューマープロダクツのマネージャーであるビリーオリコウスキーのナレーションを聞きながら、 旬なボウラーによる「メーリー™」の軌道をお楽しみください。今回のコメンテーターとその球質は以下の通りです。 まずは出演順に、お馴染みのロビンオリコウスキーがアベレージスピード:17.5・回転数:300rpm、リャンモウはアベレージスピード:18.0・回転数:375rpm、 そして、マスターマインド™でビデオ初登場となったロニースパークスはアベレージスピード:18.5・回転数:400rpmとなっています。 ちなみに、レーンコンディションは41フィートのミディアムオイル・ハウスパターンで撮影を行いました。是非、彼らのインプレッションやパフォーマンスをご覧いただき、本製品の可能性を探ってみてください。
乱闘、混戦、殴り合いの乱闘といった激しい意味合いのネーミングを持つブランズウィックのニューボール「メーリー™」で是非、2013年を締めくくってください。
SunBridge Cleaner Products
ボールのお掃除とお手入れは下記の商品をお使いください。
あなたの大切なボールを延命させるには、日頃のケアがとても大切です。
マイクロファイバー・シーソー
ブランズウィック・ドットタオル
ボールクリーナープロ
ジャイアント・シーソー
ボール名
メーリー™
乱闘、混戦、混乱、騒ぎ、雑踏などの意味があります。
ボールメーカー
ブランズウィック
ボールカラー
レッドソリッド
カバーストック
コア
表面加工
硬度
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
RG Max
2.589
・15P
RG Min
2.539
・15P
RG Diff
0.050
・15P
RG Asy
0.010
・マスバイアス差
フックP
※1
135
・MAX:260
レングス
140
・MAX:235
ブレイクPS
※2
90
・MAX:150
フレアP
※3
フック
6.5
スキッド
7.0
バックエンド
7.0
ウェイト
12P
16P
適性レンコン
ブラックライト
対応していません
ブラックライト対応センター
出荷日
2013年12月9日
税込価格
49,500
・税抜価格:45,000
※1:フックポテンシャル、※2:ブレイクポイントシェープ、※3:フレアポテンシャル、それぞれの略称となっています。 言葉の意味はこちらをご覧ください。
BALL WEIGHT
10P
11P
12P
13P
14P
15P
16P
上記の表示は輸入したポンド数に当ります。したがって、現在の在庫とはリンクしていませんので、あらかじめご了承の上ご参照ください。 また、1P(ポンド)は約453.6グラムになりますので、10Pは約4.54kg、16Pは約7.26kgとなります。
LANE CONDITION
ボールパフォーマンス
ボールイメージ
ボールイメージ
ベストレーンコンディション
箱出:#500
ロイヤルコンパウンド
ロイヤルシャイン
#1500
#4000
Coverstock
The new Savvy Solid reactive coverstock is Brunswick's latest advancement in performance enhancing additive chemistry. Savvy Solid reactive is formulated to provide maximum versatility on a variety of oil patterns for all types of physical styles. This new formulation produces easy length through the heads and mid
-
lane, with a forceful backend reaction.
Core
The new Melee Medium RG symmetrical core features a tall and curvilinear design to provide maximum energy retention. The new core shape produces maximum performance and drilling versatility.
Ball Motion
With its Royal Shine Finish, the Melee™ skids effortlessly through the front, saving axis rotation for the backend to provide greater entry angle to the pocket for superior pin action. The Melee™ will provide extremely versatile ball motion giving you the ultimate confidence to perform on medium
-
oily to light lane patterns.
Reaction Setup
The Melee™ can be drilled using the standard drilling techniques developed for symmetric core bowling balls.
Lightweight Engineering
At Brunswick, the unique core shape of each individual ball is used for weights from 14 to 16 pounds. This approach to lightweight ball engineering provides bowlers with consistent ball reaction characteristics across this weight range. At 12 and 13 pounds, Brunswick uses a generic core shape with a RGdifferential that is close enough to the 14 to 16 pound shape so the same drilling instructions can be used.
サンブリッジ公式動画チャンネル
カタログをダウンロードできます
コア・コレクション
米国ブランズウィックのディファレンシャルコントロールは、ポンドによるRG Diffのバラつきを極限までなくし、数値の均一化をはかっています。
株式会社サンブリッジは米国ブランズウィックの日本正規販売代理店です。並行輸入された商品に関して当社は一切の責任を負いません。
記載されている商品の仕様は予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
オフィシャル壁紙