株式会社サンブリッジ
このページの先頭へ戻ります
カタログ・PDF
new ball catalog
高解像度写真
high resolution photo
過去号
back number
Brunswick The Shooter™
USBC
ヘビー
レンコンマークの影
ミディアムヘビー
レンコンマークの影
目次へ戻る
ブランズウィック
Brunswick The Shooter™
Brunswick The Shooter™
ブランズウィックとサンブリッジの
開発チームがタッグを組んで完成させた逸品。
クリックすると拡大表示をします!
コアの影
ブランズウィックとサンブリッジの開発チームが
約1年間の構想期間
を経て、日本のボウラーへ最高のパフォーマンスを実感して頂けるために「ザ・シューター™」を完成させました。 このボールは新開発のカバーストック「マジェスト・アグレッシブリアクティブ」と、安定感やリアクションの安心感から高い評価を頂いた「シューター・中・RG・コア」を組み合わせた期待の新作です。
強力な100%ソリッドのニューカバーに、ボールのリアクションが邪魔されず、ブレークポイントからの大きなフックを得られるのが「ザ・シューター™」の醍醐味です。
今までのボールとはひと味もふた味も違った「新感覚」を是非、堪能してください。
60フィート先の的(PIN)に向かい、完璧なまでの正確な矢を放ちます!
逸見正晃プロのストライクレビュー
第26回
2015年1月15日更新
こんにちは、プロボウラーの逸見正晃です。正月気分も過ぎ去り、にぎやかな日常が戻ってきた頃ではないでしょうか。2015年プロボウリングは今月末より早速スタートを迎えます。 1月26日月曜日
29日木曜日の期間中、全国4会場にて男子シーズントライアルから幕開けです。今大会は4月
6月の公式戦出場権を賭けたものになります。 多くの男子プロが厳しいコンディションで戦う様に、是非ともご注目ください。詳細はJPBA:公益社団法人日本プロボウリング協会のウェブサイトをご覧ください。 チーム・サンブリッジメンバーへの温かいご声援をどうぞ宜しくお願いいたします。一年振りにも出場いたします、応援宜しくお願いしますね(^_^)それでは、第26回ストライクレビュー「ザ・シューター™」編をどうぞ!
本作:
65°
×
4・1
/
4
×
65°・ピンセンターダウンレイアウト
比較:
60°
×
4
×
50°・薬指穴内にピン抜き
会場:
博多スターレーン(ウッドレーン)
投球コンディション:
45フィートのクラウンコンディション
オイルボリューム:
30.4
ml

メンテマシン:
カストディアンプラス
オイル粘性:
42°
逸見正晃プロのストライクレビュー
間もなく出荷がスタートする1月リリースのボールプライド・エッジ™と「ザ・シューター™」。今回は新開発カバーと安定感抜群のコアとを融合させた「ザ・シューター™」の紹介をいたします。 このボールは、先に紹介しましたプライド・エッジ™同様、日本国内向けに米国ブランズウィックとサンブリッジの開発チームの手によって誕生いたしました。 新しいボールになる為、シリーズものと違ってイメージしにくい部分があるかと思いますが、分かり易く言いますと、オイルキャッチの良いカバーストックに、持続性・転がり感の良い万能対称コアとを組み合わせたボールになります。 カバーストックは新開発のオイル吸着カバー「マジェスト・アグレッシブリアクティブ」を採用、レーン上での確かなグリップ感を感じつつ、しっかりと前進してくれる素晴らしいカバーに仕上がっています。オイルに負けない強さをイメージすることができ、レーンコンディションへの変化にも長けた使い方が可能です。 コアには、軌道の安定感と曲り形状の良さで非常に定評のあるリンガー・中・RG・コアをベースに比重改良しました新コア「シューター・中・RG・コア」を搭載しています。丸みのある対称コアの特徴で、様々な回転軸を持つボウラーに優位に働き、安定したプレーを手助けしてくれます。 「ザ・シューター™」はソリッドカバーを採用しており、曲がりと持続性を求めたスペックで市場に登場する期待の1球です。強いカバーに強いコアでは、球速が無くロールアウト状態を引き起こしてしまいやすいボウラーにも、コアでバランスを取ることでマッチングの良さを生み出すことに成功しています。
実際に投球した感想では、ヘビーオイル対応のマスターマインド™・インテレクトなどに比べると、とてもスムーズに直進力を得られるものの、 ザ・エッジ™プライド・エッジ™を超える摩擦力、フックポテンシャルを持つボールに感じられました。 ポイントとしましては、ソリッドカバーの良さを大きく活用しており、フレッシュなコンディションから、キャリーダウンが起きボールの動きに影響を及ぼす場合にも少ない影響でプレーを続けることができます。 伸びたオイルにも負けない力強さがあり、ピン前での当たり負けを意識せずに攻めることができるのは素晴らしい点です。先日、福岡プロアマサーキットに参加した際のことになりますが「ザ・シューター™」の良さを体感しましたのでご紹介いたします。 手前のオイル量が濃く、バックエンドが非常にクリーンなコンディションでの投球でしたので、序盤はスキッド系のLT-48™を使用し好調だったのですが、ゲームが進行するにつれて、ピン側での動きが小さくなりコーナーピンのタップが増加しスコアメイクに苦しみました。 ゲームの中盤までストライクが無い状況の中、打破する為にドリルしたばかりの「ザ・シューター™」に持ち替えて投球を試みた所、見事6フレからオールウェイで高スコアに結びつけることができたのです。ポケットに吸い込まれるかのように軌道を描き、薄めから厚めのピンキャリーまで言うことありませんでした。 しっかりと動いてくれますが、急激な反応をするわけでない為、微妙なリリースの違いにもよくカバーしてくれる融通の良さもさすが新製品だなと納得しました。結果的には決勝で敗れ、準優勝というものでしたが「ザ・シューター™」とLT-48™を持参していて助かったと感じています。 ウッドレーンでも噛み過ぎず、プラスティックレーンでもきちっとレーンキャッチをしてくれる丁度良い強さを持ったボールに仕上がっているので、ハイスピードボウラーを除くとオイリーでも十分な活躍が見込めるはずです。
表面仕上げが#500マイクロパッド
#1000
ロイヤルコンパウンドの為、 噛み過ぎを抑制して扱い易くなっており、更に強い摩擦力を求める際には再度#1000マイクロパッド加工を施すと良いでしょう。 フレッシュなコンディションでプライド・エッジ™との比較投球をしてみた所、カバーストックの強さで「ザ・シューター™」の方が手前からのレーンキャッチと曲りが見受けられました。 プライド・エッジ™もハイブリッドカバーながらソリッド80%・パール20%という配合比率によって適度にキャッチ力を感じるボールなのですが、オイル上を投球する際に強い弧を描いてほしい場合に「ザ・シューター™」は秀でていることが分かります。 レーン中盤
後半でのスナップはプライド・エッジ™に軍配があり、バックエンドでのキレを得られる分、板目を使う際にはプライド・エッジ™が投球し易い印象です。 バックエンドが過敏な反応を起こす状況ではプライド・エッジ™メーリー™・ジャブフォルテラ・イントリーグといったスキッド&スナップ系ボールでは危険を伴う場面がありますが、そうした際にソリッドカバーボールは大変有難い存在と言えますね。 今回、ドリルを行うにあたって、PIN
CG距離が大変狭かった為、65°
×
4・1
/
4
×
65°のピンセンターダウン位置にピン配置となりました。 当初はピンアップにてドリルするつもりではいましたが、結果としてオイルを突き進む強い味方となり、曲がり形状もストロングアークで使い易く良かったかなと思っています。 高回転ボウラーならば、早めからの立ち上がりを抑制する為にPIN
PAP距離を5・1
/
4(70°)
5・5
/
8(75°)といったレイアウトでも十分なリアクションが望めるはずです。 反対に、曲がってほしいけれどあまり回転が無い方にはコアを早く動かせる為にも3・3
/
8(45°)に近づけた方が良いでしょう。強い曲りやピンアクションの良い球を持続性良く、コントロール良く投球したいというボウラーのニーズにバランス良く対応してくれる「ザ・シューター™」。 女性やシニアボウラーにも使っていただきたい曲り系ボールです。新年最初のリリースから目が離せません!プライド・エッジ™、「ザ・シューター™」の二つをご自身の希望に合わせてチョイスしてみてくださいね。それでは、また次回のレビューでお会いしましょう。
執筆後記
米国ブランズウィックとサンブリッジの開発チームによる傑作が誕生です。高いフック力を提供する新開発カバーと実績ある万能対称コアの融合を見逃してはいけません!良く曲がり、それでいてコントロール力にも長けた競技ボウラー必携のアイテムです。先日紹介したプライド・エッジ™と併せてご検討お願いいたします。
今回のドリルレイアウト
レビューのバックナンバーを見る
逸見正晃プロのフェイスブック
ビデオ
江頭インプレッション!
公開日:2015年1月11日・21分13秒・w1920
×
h1080・撮影協力:相模原パークレーンズ
バックナンバーを見る
サンブリッジ公式動画チャンネル
江頭インプレッション!
あけましておめでとうございます。2015年の「江頭インプレッション!」は、熟成してきたエッジシリーズの最新作「プライド・エッジ™(60°、ピン・PAPが4・1
/
2インチ、VAL角は20°)」
と、 期待の新作「ザ・シューター™(60°、ピン・PAPが4インチ、VAL角は70°)」からスタートいたします。 まずは、江頭善文プロに開口一番で良すぎて思わず「ダメ!」と言わせた「プライド・エッジ™」からご紹介します。 今回もノーマル、メカテクター装着、スローの3軌道で投げていただき、その「ダメ!」の理由をとくとお確かめください。 比較対照ボールには、過去のシリーズ(ザ・エッジ™クール・エッジ™)をセレクトし、エッジの今昔を見比べる構成にしましたので、 過去のシリーズをお求めになられた方はその違いもご覧ください。次のご紹介する期待のニューボール「ザ・シューター™」は新作ということで、比較なしでお届けいたします。 ブランズウィックとサンブリッジの開発チームがタッグを組んで完成させた逸品です。是非、そのパフォーマンスを動画でチェックしてください! さて、新年がスタートしました。2015年の「江頭インプレッション!」もサンブリッジの澤田英幸との掛け合いで、ボールはもちろんのこと、それ以外の情報も積極的に織り交ぜながらお届けいたしますので、 軌道動画は「江頭インプレッション!」で、今年もよろしくお願いいたします。
ビデオ
コバヤシ.ボウル
公開日:2015年1月15日・3分13秒・w1920
×
h1080・撮影協力:ラウンドワンスタジアム・朝霞店
バックナンバーを見る
サンブリッジ公式動画チャンネル
コバヤシ.ボウル
今年最初の「コバヤシ.ボウル」は2015年の初荷ボール、ブランズウィック「プライド・エッジ™」と「ザ・シューター™」をまとめてご紹介いたします。 2月の渡米に向けて只今準備中の小林哲也プロ(48期・1198:ラウンドワン)ですが、 その忙しい合間を縫ってブランズウィックの新作を撮影しました。どちらも高評価をいただいたボールです。そのパワフルな軌道を是非、ご購入の検討材料に利活用してください。 ちなみに、どちらのボールもドリルアングルが75°、ピン・PAPが6・1
/
16インチ、VAL角は58°でドリルをされています。 動画内にオイルパターンを掲載していますので、こちらも参考にしてください。2年目を迎える「コバヤシ.ボウル」を今年もよろしくお願いいたします。
SunBridge Cleaner Products
ボールのお掃除とお手入れは下記の商品をお使いください。
あなたの大切なボールを延命させるには、日頃のケアがとても大切です。
マイクロファイバー・シーソー
ブランズウィック・ドットタオル
ボールクリーナープロ
ジャイアント・シーソー
ボール名
ザ・シューター™
ピンに向かって鋭く突き刺さるようなリアクションを意味しています。
ボールメーカー
ブランズウィック
ボールカラー
パープル・レッド・ブラック
カバーストック
マジェスト・アグレッシブリアクティブ
NEW

素材別ラインナップ
カバーについて詳しく解説した動画
コア
表面加工
硬度
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
RG Max
2.575
・15P
RG Min
2.533
・15P
RG Diff
0.042
・15P
フックP
※1
155
・MAX:200
レングス
120
・MAX:235
ブレイクPS
※2
125
・MAX:150
フレアP
※3
フック
8.5
スキッド
5.5
バックエンド
9.0
ウェイト
12P
16P
適性レンコン
ミディアムヘビー
ヘビー
レーンコンディション別ラインナップ
ブラックライト
対応していません
ブラックライト対応センター
出荷日
2015年1月16日
税込価格
47,300
・税抜価格:43,000
※1:フックポテンシャル、※2:ブレイクポイントシェープ、※3:フレアポテンシャル、それぞれの略称となっています。 言葉の意味はこちらをご覧ください。
BALL WEIGHT
10P
11P
12P
13P
14P
15P
16P
上記の表示は輸入したポンド数に当ります。したがって、現在の在庫とはリンクしていませんので、あらかじめご了承の上ご参照ください。 また、1P(ポンド)は約453.6グラムになりますので、10Pは約4.54kg、16Pは約7.26kgとなります。
LANE CONDITION
ボールパフォーマンス
ボールイメージ
ボールイメージ
ベストレーンコンディション
サンブリッジ公式動画チャンネル
コア・コレクション
米国ブランズウィックのディファレンシャルコントロールは、ポンドによるRG Diffのバラつきを極限までなくし、数値の均一化をはかっています。
株式会社サンブリッジは米国ブランズウィックの日本正規販売代理店です。並行輸入された商品に関して当社は一切の責任を負いません。
記載されている商品の仕様は予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
オフィシャル壁紙