株式会社サンブリッジ
このページの先頭へ戻ります
カタログ・PDF
new ball catalog
高解像度写真
high resolution photo
過去号
back number
Radical Ridiculous™
USBC
ミディアム
レンコンマークの影
ミディアムドライ
レンコンマークの影
次作を見る
目次へ戻る
ラディカル
Radical Ridiculous™
Radical Ridiculous™
ラディカルレスポンスは、究極と言う言葉が相応しい!
クリックすると拡大表示をします!
コアの影
改良される度にシャープ差を追及する、ラディカルブランド。この「リディキュラス™」は更にコアを改良し、シンプル且つパワーレスポンスを追及したボールとして、 ミディアムドライ
ミディアムコンディションで例を見ない、
オイルの切れ目から目を見張る軸移動が最大の特徴として今回デビューしました。
ラディカルボールの最大の特徴であるコア形状が、よりストロングバックエンドを生み、
そのパワーを保ち続け、飛びの硬さを感じさせないピンアクションを与えます。
クリーンな走りはもとより、今回は新しいコア形状が更にブレイクポイントでのメリハリある軸移動を実現!
ボウラーが対応にいつも苦労するキャリーしたコンディションでも、最高のパフォーマンスを発揮いたします!
逸見正晃プロのストライクレビュー
第55回
2015年12月2日更新
こんにちは。プロボウラーの逸見正晃です。今期最終戦も終わり、プロボウリング・男子の2015年最終ポイントランキングが決定しました。ランキング上位者より発表して参ります。 第26位:工藤貴志プロ(42期・1032:ともだちレーン)、 第27位:小林哲也プロ(48期・1198:ラウンドワン)、 第32位:岡野秀幸プロ(42期・1023:ミスズボウル)、 第36位:呉竹博之プロ(43期・1070:ボウルポップス・プロショップ)、 第41位:髙田浩規プロ(52期・1288:ラウンドワン)、 第44位:河津亨至プロ(44期・1080:イーグルボウル)、第48位:木村広人プロ(42期・1026:西尾スターボウル)以上7名が、2016年度のシード権を獲得しております。 惜しくもランク外となったシード常連プロの方々も含めて、来期もチームサンブリッジの健闘を願いつつご声援の程、お願いいたします。そして、残す所はプロボウリング・女子の公式戦が2本です。 今年を笑顔で締めくくれるのは、どの選手となるでしょうか?多くのファンが来場し、熱戦が繰り広げられることでしょう。どうぞ、ご注目くださいね。
さて、今回のご紹介ボールはラディカルブランドより「究極の軸移動」と謳う最新作「リディキュラス™」になります。ドライゾーンでの目を見張るパフォーマンスをお楽しみください。それでは、第55回ストライクレビュー「リディキュラス™」編をどうぞ!
本作:
55°
×
4・5
/
8
×
45°・ピンアップセンターレイアウト
会場:
博多スターレーン(ウッドレーン)
投球コンディション:
42フィートのクラウンコンディション
オイルボリューム:
30.6
ml

メンテマシン:
カストディアンプラス
オイル粘性:
42°
逸見正晃プロのストライクレビュー
ラディカルより新発売となります「リディキュラス™」は、コアデザインへ特に拘りを見せた最新作で、ドライゾーンでの反応速度は他に比べて非常に早く設計されているのがポイントです。 前作のレイブ™、前々作のプリモ™ラディカルらしいシンプルな軌道を描く投げ易いボールという印象を強く抱きましたが、今作はやんちゃなイメージを与えるほどに過激なリアクションを起こしてくれます。 現在、ラディカルブランド最大のフックラインは「グル」シリーズですが、今作はバックエンドモーションではそれらに匹敵するほどの力強いリアクションを示します。
対称コアでここまでのコア作用を生み出せるのは同ブランド開発者であるモーピネル氏らが長年培ってきた技術によるものです。 適合コンディションをミディアムドライ
ミディアム
としているように、ソリッドカバーらしく手前からのキャッチ力も感じますが、カバーストックそのものの摩擦はそれほど強い感じはありません。 ソリッドならではのレーンに張り付くようなキャッチ感は適度なスキッドも同時に生み出しバランスに秀でており、早い曲り出しという程ではないでしょう。 ボールの傾きを感じる状況では一気にパワーを爆発させるかのようなバックエンドでのキレを示す反面、オイルの量が多いオイリーや長さのあるロングコンディションでは滑り過ぎてしまい特徴である軸移動を体感しづらくなってしまいます。 よって、あくまでミディアムコンディションをベースとした使用範囲を意識した上で、使っていただきたく思います。ピン側での戻り感が豊かなので、アウトサイドよりもインサイドからの方が力を発揮してくれる形状なのですが、板目を多少使って投球できるボウラーにとってはどのアングルからでもスムーズに入り込めるスペックとなります。 コアの転がり・傾きにより動きを調整する仕様なので、ストローカーとクランカータイプでは大きくボール軌道が変わってくるのも特徴と言えるでしょう。高回転ボウラーが投球することで、大変深く鋭い入射角度を得ることを可能としています。 つまり、過去作品に比べると、リリースやボールスピードによって様々な顔を出すようにも思える為、万人向けというよりはある程度同一のパフォーマンスを出せるボウラーにとって、非常に効果的なボールスペックになっています。
私はこのボールの動き幅として、今月の商材ではサグ™・ライフに次ぐフックポテンシャルと捉えており、ゼフィロス™よりも早い立ち上がりを見せます。 オイリーコンディションでの投球では曲がり幅自体はどうしても物足りなくなってしまいますが、ハウスコンディションを中心にミディアムコンディションでの投球では他のボールとは一味違った軌道を得ることができ、ブランズウィックグループの一員としてラディカルは確固たる立場を築きつつあるものと感じられました。
さて「リディキュラス™」の表面は#500マイクロパッド
ロイヤルコンパウンド仕上げで、どちらかというとあまり光っているという印象はありませんが、投げていくと次第に光ってきます。 レーン上でのグリップ力を保持したければ、投球G数を重ねたら#2000程度で削ることにより、曲りを安定させる必要が出てきます。ミディアムドライでの投球を求める際はポリッシュ加工を再度行うことも有効ですので、もう少し先まで直進してほしい場合やピン前でダラダラとした動きになってしまった場合には試してみてください。
ドリルレイアウトは「55°
×
4・5
/
8
×
45°」
で中指・薬指の指穴上部のピンアップセンターのレイアウトにてドリルしました。 ピンアップかピンダウンかで大きくリアクションが変わり、ピンアップではよりピン側でのバックエンドリアクション重視イメージ、対してピンダウンになるとミッドレーンでの転がり感が増し全体的なフック軌道は柔らかく読み易いものとなります。 どちらでも頼れる武器となりますが、ドリル時のボウラーニーズに合わせて選択する必要があるので、希望の曲り形状をドリラーに伝えてみると良いでしょう。シャープなバックエンドリアクションを追求した今作は、これまでのラディカルブランドのボールとも一線を引いたスペックとなっています。 入射角度を作り易く、当たり負けしにくいミディアムコンディション対応ボールをお探しの貴方、是非「リディキュラス™」をお試しください。それでは、次回のレビューでまたお会いしましょう!
執筆後記
対称コアとは思えない程の軸移動の早さから生まれる強力なバックエンドリアクション。ミディアムコンディションで抜群のパフォーマンスを示す今作は、ラディカル特有のコアデザインによるもの! 未経験の方は、このボールよりラディカルの強さを体感してください。
今回のドリルレイアウト
レビューのバックナンバーを見る
逸見正晃プロのフェイスブック
ビデオ
江頭インプレッション!
公開日:2015年11月15日・14分49秒・w1920
×
h1080・撮影協力:相模原パークレーンズ
バックナンバーを見る
サンブリッジ公式動画チャンネル
江頭インプレッション!
2015年11月の「江頭インプレッション!」は1年ぶりに江頭善文プロ(31期・741:相模原パークレーンズ)一人でお届けいたします。 今月はサンブリッジ取扱ブランドからそれぞれ精鋭たちをリリースする勝負の月となります。中でもDV8「サグ™・ライフ」は先の「ラウンドワンカップレディース2015」と9月末に開催された「第1回Do League 2015 Challenge」で、寺下智香プロ(47期・507:SDエンターテイメント)の優勝に貢献したボールです。 テスターからの評価も高く、皆さんに投げていただきたいパフォーマンスに仕上がっていますので、本ビデオをご覧いただき、是非、ご検討ください。 もちろん、それ以外にも期待の新シリーズ、レッドボディが特徴の「ゼフィロス™」や、DV8「ディヴィエント™」、 そして、ラディカルの「リディキュラス™」を、それぞれ比較ボールの軌道とともにお届けいたします。 また、今回はどのボールも「ドリルアングルが50°、ピン・PAPが4インチ、VAL角は20°」でレイアウトしました。カタログやウェブサイトなどで細かく解説はしていますが、読むのと、聞くのとでは、印象や受け止め方が違ってきます。 読むのが苦手な方は是非、江頭善文プロの解説でニューボールの可能性を探ってみてください。
さて「江頭インプレッション!」では番組内容とは別にご感想やご意見を、SNS弊社投稿フォームを通じてお待ちしております。 皆さんからのご提案でもっともっとブラッシュアップできればと考え、門扉を広く開けておりますので、こちらもよろしくお願いいたします。 ボウリングのことならサンブリッジ!ボウリングビデオのことなら「江頭インプレッション!」。今年最後の配信となる次回のボール紹介もお楽しみに!
ビデオ
コバヤシ.ボウル
公開日:2015年11月27日・5分30秒・w1920
×
h1080・撮影協力:ラウンドワン・わらび店
バックナンバーを見る
サンブリッジ公式動画チャンネル
コバヤシ.ボウル
20回目を迎えた2015年11月の「コバヤシ.ボウル」は、先の「ラウンドワンカップレディース・2015」や「第1回Do League 2015 Challenge」の優勝ボールとしてもお馴染みの「サグ™・ライフ」をはじめ、 新しいパフォーマンスを予感させるブランズウィックの新シリーズ「ゼフィロス™」DV8からはスカルマークが印象的な「ディヴィエント™」、 注目度の高いラディカルからは黒ベースにショッキングピンクのロゴがポップな「リディキュラス™」をそれぞれ投げていただきました。 今回はいずれも「ドリルアングルが70°、ピン・PAPが5・1
/
2インチ、VAL角は30°」でレイアウトをされています。また、今月の軌道はレーンコンディション「C」で撮影を行いました。 小林哲也プロ(48期・1198:ラウンドワン)が放つ美しくパワフルな各軌道から、ご自身にあったお好みの一球を選択するキッカケになれば幸いです。 今回のエンディングでは今後のスケジュールなどもご紹介していますので、軌道動画と共に小林哲也プロの動向やチャレンジにも是非、ご注目ください。
SunBridge Cleaner Products
ボールのお掃除とお手入れは下記の商品をお使いください。
あなたの大切なボールを延命させるには、日頃のケアがとても大切です。
マイクロファイバー・シーソー
ブランズウィック・ドットタオル
ボールクリーナープロ
ジャイアント・シーソー
ボール名
リディキュラス™
馬鹿げた、馬鹿馬鹿しい、おかしいなどを意味しています。
ブランド
ラディカル
ボールカラー
ブラック
コア
表面加工
硬度
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
RG Min
2.540
・15P
RG Diff
0.050
・15P
フック
6.0
スキッド
7.0
バックエンド
9.0
ウェイト
12P
16P
適性レンコン
ミディアムドライ
ミディアム
レーンコンディション別ラインナップ
ブラックライト
対応していません
ブラックライト対応センター
出荷日
2015年11月12日
税込価格
53,900
・税抜価格:49,000
BALL WEIGHT
10P
11P
12P
13P
14P
15P
16P
上記の表示は輸入したポンド数に当ります。したがって、現在の在庫とはリンクしていませんので、あらかじめご了承の上ご参照ください。 また、1P(ポンド)は約453.6グラムになりますので、10Pは約4.54kg、16Pは約7.26kgとなります。
LANE CONDITION
ボールイメージ
ベストレーンコンディション
箱出:#500
ロイヤルコンパウンド
The Radical Ridiculous delivers a new ball motion that is sure to turn heads. Our goal was to impact backend reaction the way the Guru line has impacted the hook dimension of the game, and with the Ridiculous, we are pleased to deliver a new performance ball that produces insanely strong backend reaction.
サンブリッジ公式動画チャンネル
コア・コレクション
株式会社サンブリッジはラディカルの日本正規販売代理店です。並行輸入された商品に関して当社は一切の責任を負いません。
記載されている商品の仕様は予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
オフィシャル壁紙