株式会社サンブリッジ
このページの先頭へ戻ります
カタログ・PDF
new ball catalog
高解像度写真
high resolution photo
過去号
back number
Brunswick Pride Edge™
USBC
ミディアムヘビー
レンコンマークの影
ミディアム
レンコンマークの影
次作を見る
前作を見る
目次へ戻る
ブランズウィック
Brunswick Pride Edge™
Brunswick Pride Edge™
エッジ™の名たる創造を駆使した最高傑作へ。
エッジ™は更に突き進みます。
クリックすると拡大表示をします!
コアの影
新年から期待の高まるエッジ™シリーズの第3作目が初荷ボールとして登場します。その名も「プライド・エッジ™」!今回は前作のクール・エッジ™のパフォーマンスを更にアップグレードした注目の逸品に仕上げました。
新素材・新工法のグラデュード7.3から「グラデュード8.2」へと、ソリッド配分を80%としクール・エッジ™を超えるオイル上でのグリップ感と、パール配分20%からくる力強いバックエンドリアクションが最大の特徴となっています。
この「プライド・エッジ™」は、フック力とスキッド力を兼ね揃え、
ストローカーからクランカーまで使用いただけるオールマイティな実力を秘めたニューボールです。
まさに「エッジ™」の名に相応しいリアクションに拘った「プライド・エッジ™」が、2015年の先陣を切って日本に上陸いたします。
パワー&ダイナミックリアクションが、貴方の夢を叶えます。
Series Lineup
今までに発売してきた同シリーズのラインナップです。
新製品
プライド・エッジ™
クール・エッジ™
ザ・エッジ™
逸見正晃プロのストライクレビュー
第25回
2015年1月5日更新
こんにちは、プロボウラーの逸見正晃です。2015年に突入しましたね。ストライクレビューをご覧の皆様、新年あけましておめでとうございます。今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 年末より、我々ボウリング業界にとってビッグニュースが飛び込んできました!既にご存知の方も多いとは思いますが、2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックにおきまして「ボウリング」がオリンピック実施種目となる可能性が出てきたというものです。 五輪改革案「アジェンダ2020」にて開催都市が追加実施種目を推薦できるように承認がなされました。ボウリングは幅広い年代に身近で、気軽に楽しめる国民的スポーツであり世界でも多くの普及を成しえています。 この追加実施種目に名乗り出ている競技は複数存在し、国民からの応援、盛り上がりによって決定されそうです。そう、我々や皆様の署名によって後押しできるということになるのです。 JBC:公益財団法人全日本ボウリング協会のホームページ内より署名用紙を取得できます。多くのボウリング場でも署名活動を実施中であります。業界の悲願達成の為にも、一人でも多くのボウリングファンからの思いを届けてください。何卒宜しくお願い致します。
さて、今回お届け致しますブランズウィックの最新作「プライド・エッジ™」は国内向けに製造、日本市場にマッチしたスペックを送り届けてきた人気シリーズの進化系ボールです。 高スコアを生み出し易い抜群のバランスに私は大満足しています。良さを多くの皆様に紹介できればと思います。それでは、2015年初荷ボールとなります期待のニューボール、第25回ストライクレビュー「プライド・エッジ™」編をどうぞ!
本作:
60°
×
4
×
50°・薬指穴内にピン抜き
比較:
55°
×
3・3
/
4
×
50°・薬指位置ピン抜き
会場:
博多スターレーン(ウッドレーン)
投球コンディション:
45フィートのクラウンコンディション
オイルボリューム:
30.4
ml

メンテマシン:
カストディアンプラス
オイル粘性:
42°
逸見正晃プロのストライクレビュー
ブランズウィックブランド、2015年最初のリリースは昨年より登場の人気シリーズ、ザ・エッジ™の第3弾となります「プライド・エッジ™」です。 昨年のJPBA公式戦優勝ボールにもなったリンガー™を彷彿とさせるカラーリングに驚くボウラーも出てくることでしょう。 前作のクール・エッジ™のリリース時には寺下智香プロの女子プロボウリング新人戦の優勝ボールになったことでも多くの反響をいただきました。
国内向け発売品ということもあり、様々なボウラーにマッチし、投球し易いスペックを提供してきた同シリーズ。初代はソリッドカバー、第2弾のクール・エッジ™には新工法により誕生したソリッド70%・パール30%とのハイブリッドカバー、 そして、今作は更にマッチングを考慮したソリッド80%・パール20%のハイブリッドカバーである「グラデュード8.2」を新採用しています。 ややソリッドカバー寄りとなったハイブリッド仕様にて、オイル上では更なる安定感を求め、なおかつ動きはシャープさを保ちつつキレのあるパフォーマンスを要望するボウラーの贅沢なわがままに力強く応えてくれます。
コアはシリーズを通して同型の「中・RG・シンメトリックコア」を使用しています。レーンを進むにつれて転がり感の増す、勢いを体感できるコアになっています。 低慣性コアに比べ、転がりのポイントが手前ではないので、先垂れしにくく、一般的な日本人の球速やパワーでもエネルギーロスの心配が少なくパワーを保持することを可能としています。
私が投球した感想としては、ちょうど欲しかったボールが手元に来た!という好印象から始まりました。クリスマスプレゼント(手元に来たのがその頃)かなと思えるほど、抜群にボールバランスが良くて即座に1軍入りが確定しました。 ボールパフォーマンスに最も影響を与えるのはカバーストックになりますが、そのカバーストックが改良・強化されたことでザ・エッジ™クール・エッジ™を飛躍的に超えるオイル上での安定したコントロール性能とパワフルなリアクションを実現しています。 まず、この「プライド・エッジ™」は良く動きます。オイルに弾かれてドライから急激に動くのではなく、ボールがレーンに着床した時点から軌道をブレさせずにしっかりレーンキャッチを感じられる中でフリップ感も増強されています。 前回のフォルテラ・イントリーグメーリー™・ジャブを投球した際と同様のロング・クラウンパターン(45フィート)での投球でしたが、 これらの二個と前作のクール・エッジ™のいずれと比較しても、派手さはやや劣るものの、最もレーン上で摩擦を感じられる仕上がりです。 オイル段差の境目を攻めても、内側の長いオイルエリアを辿っても、外側の短いエリアを通過してもまるでポケットに吸い込まれるかのようにパフォーマンスを示してくれます。 そして、ピンヒットする際にもう一度曲がるかのように当たることでピンキャリーへも非常に高い評価をしています。最近の優れたパフォーマンスを持つブランズウィックボールの中でも屈指のクオリティだと私は感じています。
朝一のフレッシュなコンディションと、夜の稼働後の荒れたコンディションとで投球しました。朝一のオイルが多量にある状況下でも、必要以上に滑り過ぎる感はなく、ボール表面へのオイル付着具合も他ボールに比べて少量に感じられました。 幅を狭く投球しても、やや板目を多く使用しても入射角度を保てる安心感がこの「プライド・エッジ™」には持てます。逆に、全体のオイル量が削られた稼働後のコンディションでは、ボールの直進力が損なわれスピードのないボウラーには厳しいかなという印象を受けました。 しかし、過去のボールにはなかった、遅めのコンディションで早く曲がり出しても最後まで動き続けるリアクションには良い感触を持つことができました。インサイドに寄れるボウラーならば、かなりのレーンコンディション対応力を秘めたボールになりますので、これ1個で大会を投げ終えたという方も出てくることでしょう。
表面仕上げは「プライド・エッジ™」は#500マイクロパッド
ロイヤルコンパウンド
ロイヤルシャインですが、十分にキャッチ力の良さを感じます。 遅めのコンディションでの投球が多い方は番手を細く上げてからの研磨剤仕上げにすると良いでしょう。反対に、早いコンディション対策ならば、オイリー向けのマスターマインド™に比べてバックエンドでの動きが見やすいので、#1000マイクロパッドを当てるとオイリーでも十分に使用可能な範囲になります。
今回のドリルレイアウトは、前作とほぼ同様の「60°
×
4
×
50°」
としています。力強いパフォーマンスと安定したローリングを求め、また自身にとってボールリアクションの差を感じ易く多用しているレイアウトです。 比較ボールに選択しましたのは、同シリーズ前作のクール・エッジ™です。発売から約半年が経ちましたが、多くのユーザーが今なお愛用するブランズウィックの人気者になります。 バックエンドでの際立つパフォーマンスに定評を受け、初速のない女性ボウラーやシニアボウラーからの評判も厚く、ゲーム中盤から後半での活躍を良く目にしています。同ボールの特徴は長めのスキッドとドライゾーンのメリハリあるキレ、曲がりがポイントです。 普段のソリッド50%・パール50%のハイブリッドとは違った新しい工法で開発された新ハイブリッドカバーでの製造による独特の動きが魅力と言えます。反面、パールカバーではないので、手前のオイルがドライな状況ではアーク状な軌道を描く部分がありました。
新作「プライド・エッジ™」との比較では、カバーストックの配合比率の違いと、表面仕上げの違いになります。実際に投球すると数値以上に摩擦力に違いを感じます。ドライエリアに向かっての投球ではどちらも良くフックしてくれるのですが、オイルを長く使う場合や手前の量が多い状況になると「プライド・エッジ™」のカバーストックが相性良く活躍してくれます。 クール・エッジ™ではピン前がストレートになる場面でも先での動きを感じることができたのは大きな違いと言えます。ドライエリアに触れる必要のあるクール・エッジ™と、オイルに対して攻めつつ、ドライエリアからの戻り感も良い「プライド・エッジ™」です。 オイルに負けにくく、バックエンドリアクションも得られることで、シリーズ中でも特にピンアクションも良く、幅広い球質のユーザーに支持されると思います。今年のブランズウィックの躍進を想像できるかのような出来栄えです。是非、手に取って良さを体感してください。それではまた次のレビューでお会いしましょう。
執筆後記
初荷ボールにふさわしく、シリーズ第3弾として高い完成度を持って登場です。必要な直進力と、しっかりとしたバックエンドリアクション、そして安定したコントロール性能。このボールを持つことでボウリングの幅が広がりますよ!私逸見のお勧めの1球を是非、ご検討くださいませ。
今回のドリルレイアウト
レビューのバックナンバーを見る
逸見正晃プロのフェイスブック
ビデオ
江頭インプレッション!
公開日:2015年1月11日・21分13秒・w1920
×
h1080・撮影協力:相模原パークレーンズ
バックナンバーを見る
サンブリッジ公式動画チャンネル
江頭インプレッション!
あけましておめでとうございます。2015年の「江頭インプレッション!」は、熟成してきたエッジシリーズの最新作「プライド・エッジ™(60°、ピン・PAPが4・1
/
2インチ、VAL角は20°)」と、 期待の新作「ザ・シューター™(60°、ピン・PAPが4インチ、VAL角は70°)」からスタートいたします。 まずは、江頭善文プロに開口一番で良すぎて思わず「ダメ!」と言わせた「プライド・エッジ™」からご紹介します。 今回もノーマル、メカテクター装着、スローの3軌道で投げていただき、その「ダメ!」の理由をとくとお確かめください。 比較対照ボールには、過去のシリーズ(ザ・エッジ™クール・エッジ™)をセレクトし、エッジの今昔を見比べる構成にしましたので、 過去のシリーズをお求めになられた方はその違いもご覧ください。次のご紹介する期待のニューボール「ザ・シューター™」は新作ということで、比較なしでお届けいたします。 ブランズウィックとサンブリッジの開発チームがタッグを組んで完成させた逸品です。是非、そのパフォーマンスを動画でチェックしてください! さて、新年がスタートしました。2015年の「江頭インプレッション!」もサンブリッジの澤田英幸との掛け合いで、ボールはもちろんのこと、それ以外の情報も積極的に織り交ぜながらお届けいたしますので、 軌道動画は「江頭インプレッション!」で、今年もよろしくお願いいたします。
ビデオ
コバヤシ.ボウル
公開日:2015年1月15日・3分13秒・w1920
×
h1080・撮影協力:ラウンドワンスタジアム・朝霞店
バックナンバーを見る
サンブリッジ公式動画チャンネル
コバヤシ.ボウル
今年最初の「コバヤシ.ボウル」は2015年の初荷ボール、ブランズウィックの「プライド・エッジ™」と「ザ・シューター™」をまとめてご紹介いたします。 2月の渡米に向けて只今準備中の小林哲也プロ(48期・1198:ラウンドワン)ですが、 その忙しい合間を縫ってブランズウィックの新作を撮影しました。どちらも高評価をいただいたボールです。そのパワフルな軌道を是非、ご購入の検討材料に利活用してください。 ちなみに、どちらのボールもドリルアングルが75°、ピン・PAPが6・1
/
16インチ、VAL角は58°でドリルをされています。 動画内にオイルパターンを掲載していますので、こちらも参考にしてください。2年目を迎える「コバヤシ.ボウル」を今年もよろしくお願いいたします。
SunBridge Cleaner Products
ボールのお掃除とお手入れは下記の商品をお使いください。
あなたの大切なボールを延命させるには、日頃のケアがとても大切です。
マイクロファイバー・シーソー
ブランズウィック・ドットタオル
ボールクリーナープロ
ジャイアント・シーソー
ボール名
プライド・エッジ™
ザ・エッジ™の名に恥じないパフォーマンスを意味しています。
ボールメーカー
ブランズウィック
ボールカラー
ブラックチェリー
カバーストック
コア
表面加工
硬度
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
RG Max
2.590
・15P
RG Min
2.538
・15P
RG Diff
0.052
・15P
フックP
※1
160
・MAX:200
レングス
125
・MAX:235
ブレイクPS
※2
130
・MAX:150
フレアP
※3
フック
8.0
スキッド
6.0
バックエンド
9.5
ウェイト
12P
16P
適性レンコン
ミディアム
ミディアムヘビー
レーンコンディション別ラインナップ
ブラックライト
対応していません
ブラックライト対応センター
出荷日
2015年1月16日
本体価格
48,000
・税別
※1:フックポテンシャル、※2:ブレイクポイントシェープ、※3:フレアポテンシャル、それぞれの略称となっています。 言葉の意味はこちらをご覧ください。
BALL WEIGHT
10P
11P
12P
13P
14P
15P
16P
上記の表示は輸入したポンド数に当ります。したがって、現在の在庫とはリンクしていませんので、あらかじめご了承の上ご参照ください。 また、1P(ポンド)は約453.6グラムになりますので、10Pは約4.54kg、16Pは約7.26kgとなります。
LANE CONDITION
ボールパフォーマンス
ボールイメージ
ボールイメージ
ベストレーンコンディション
箱出:#500
ロイヤルコンパウンド
ロイヤルシャイン
#1000
#2000
サンブリッジ公式動画チャンネル
コア・コレクション
米国ブランズウィックのディファレンシャルコントロールは、ポンドによるRG Diffのバラつきを極限までなくし、数値の均一化をはかっています。
株式会社サンブリッジは米国ブランズウィックの日本正規販売代理店です。並行輸入された商品に関して当社は一切の責任を負いません。
記載されている商品の仕様は予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
オフィシャル壁紙