株式会社サンブリッジ
このページの先頭へ戻ります
カタログ・PDF
new ball catalog
高解像度写真
high resolution photo
過去号
back number
Brunswick Ringer™ Platinum Pearl
USBC
ミディアム
レンコンマークの影
ミディアムドライ
レンコンマークの影
ドライ
レンコンマークの影
次作を見る
前作を見る
目次へ戻る
ブランズウィック
Brunswick Ringer™ Platinum Pearl
Brunswick Ringer™ Platinum Pearl
ミディアム
ライトオイルで圧倒的なパフォーマンスを発揮!
クリックすると拡大表示をします!
コアの影
二代目となる「リンガー™・プラチナムパール」はCPTフリップリアクティブ・カバーを新たに組み合わせることにより、
ブレークダウンしたレーンヘッドでもよりスムーズにスキッドして、バックエンドではより力強いフリップ性能を生み出します!
リンガー™(初代)よりもスキッドが伸び、バックエンドも安定したキレでピンヒッティングが良くなっています。
ハイレブボウラーや、直進性の良いボールを求めているボウラーには手放せないボールとなるでしょう!
ミディアム
ライトオイルで圧倒的なパフォーマンスを発揮するため、
先のジャパンカップでも多数のPBA達がこのニューボールを持ち込んでいました。
新年初荷となるこの「リンガー™・プラチナムパール」で是非、ピンアクションによる祝砲を上げてください!
逸見正晃プロのストライクレビュー
第3回
2014年2月4日更新
今回のストライクレビューで取り上げるニューボールは、ブランズウィック社ミッドプライスの人気者「リンガー™」シリーズの第2弾で、ミディアム
ライトオイル用に造られた「リンガー™・プラチナムパール」です。 日本のボウラーや環境にマッチしたこのボール。ご購入にお悩みの貴方、参考資料に是非、ご利用くださいませ。
本作:
45°
×
4・11
/
16
×
40°
比較:
55°
×
4・1
/
2
×
33°
会場:
博多スターレーン(ウッドレーン)
投球コンディション:
45フィートのクラウンコンディション
オイルボリューム:
30.5
ml

メンテマシン:
カストディアンプラス
オイル粘性:
42°
逸見正晃プロのストライクレビュー
今からちょうど一年前の2013年2月、ブランズウィックより待望のライトオイルコンディション対応のミッドプライスボール「リンガー™」(バーガンディパール、以下初代)が発売。 低摩擦系新カバー「CPTリアクティブ」に手前での反応を抑制する為に開発された「リンガー・中・RG・コア」の組み合わせは、プロアマ問わずに評価を受けスマッシュヒットとなりました。 ミディアム
ライトオイルコンディション対応のボールとしての発表ですが、気持ちの良い直進具合に、同ブランドの中でも特にシャープなリアクションとなり、今でも多くのボウラーが愛用する所以となりました。 私自身も、ボールバッグに常にラインナップするといっても過言ではない程、強く信頼しているボールのひとつです。
ところで、皆さんはボウリングのレーンに種類があるのをご存じですか?レーン材質はウッドレーンとプラスチックレーンの2種類に大別出来ますが、前者は柔らかく、後者は硬い材質が特徴です。 ここまでは知っているという方も多いとは思います。では、投球する上での違いはどういった部分に出るでしょうか?衝撃を吸収し易い柔らかいウッドレーンでは、高摩擦カバーでは早めのリアクションを起こしやすく、 本来のボールパフォーマンスを感じにくい部分があります。曲がるボールのはずが上手く曲がってくれない、といった部分がこれにあたることが多い様な気がします。 反対にプラスチックレーンでは摩擦が起きにくく、ボールが滑ってしまいます。従って曲りを求める場合には高めの摩擦力、つまり曲り系のボールがマッチし易いということです。 勿論、オイルコンディションやボウラーの球質に大きく左右されますから一概には当てはまりませんが、ボール選択の際に考慮いただくと良いでしょう。
ここからは、今回のテストボールの評価を致します。約1年ぶりに人気作の第2弾として新登場した「リンガー™・プラチナムパール」は、初代同様に対応コンディションはミディアム
ライトオイルコンディションです。 カラーにはインパクトあるシルバーカラーを纏い、コアは初代と同じ物を採用、カバーストックには新開発「CPTフリップリアクティブ」を使用しています。 投球感想としては、初代がやや暴れん坊なリアクションだったのに対し、マイルドなパフォーマンスになったなという印象です。 板を多く使う頻度の高かった初代に比べてオイルの際を投球し易く、コンディションを容易に把握出来るというのが強みです。フレアポテンシャルは控えめながらも手前の転がり感はリンガー™シリーズらしく抜群に良い! 表面仕上げは昨年暮れに発売し、2014年開幕戦である男子シーズントライアルの優勝(D会場:サンブリッジ契約の木村広人プロがチャンピオン!)にも貢献した「メーリー™」と同様に、#500マイクロパッド
ロイヤルコンパウンド
ロイヤルシャイン仕上げとなっています。 数値上非常に細かな表面番手になりますが、投球した感じでは、予想以上に手前でのレーンキャッチ力がありました。 初代のスキッドレベル:8.0、プラチナム:8.5と、今作の方が直進力の高い設定ではありますが、バックエンドリアクションの強さによる影響か、「リンガー™・プラチナムパール」の方が少し手前から反応しているようです。 その分、オイルで滑り過ぎるイメージが軽減し、初代以上の柔らかいピンアクションを実現しています。 よりスキッド&スナップ感を実感する為に#1000
#2000
#4000ポリッシュ仕上げに番手を変更した結果、ピン前での動きにメリハリが見えるようになりました。 ゲーム数稼働後のドライコンディションでも使用してみましたが、他のハイパフォーマンス系との比較では勿論直進力は豊かですが、それでも転がりが勝る印象です。 多少オイルを感じる状況で、ドライゾーンがフレッシュな環境下で投球すると素晴らしい動きとピンアクションを生み出してくれます。一般的には球速が遅めなボウラーや、転がしても動きが把握し易いボールをお探しのボウラー向けでしょう。
昨年末の「メーリー™」やこの「リンガー™・プラチナムパール」と、ゲーム中盤以降のタフなコンディション向けのボールが出揃い、益々ラインナップが充実してきました。 今年のブランズウィックに、今から目が離せませんね!
執筆後記
コンパクトな曲りとコントロールし易いボール軌道。ミッドプライス帯らしい素直な動きが特徴です。初代を越える柔らかいピン飛びを是非お楽しみください。 スピードが不足気味な女性やシニアボウラー、高回転のボウラーにも大変お奨めです。なお、15ポンド初回入荷分は即日完売とのこと。第二便を含み、ご希望の方はお早めに!
今回のドリルレイアウト
レビューのバックナンバーを見る
逸見正晃プロのフェイスブック
ビデオ
リンガー™・プラチナムパール:プロモビデオ
公開日:2013年12月31日・2分51秒・w1920
×
h1080
バックナンバーを見る
サンブリッジ公式動画チャンネル
サンブリッジビデオ
本作は米国ブランズウィックが制作した「リンガー™・プラチナムパール」の公式プロモーションビデオ(日本語字幕付)です。 同社コンシューマープロダクツのマネージャーであるビリーオリコウスキーのナレーションを聞きながら、旬なボウラーによる「リンガー™・プラチナムパール」の軌道をお楽しみください。 今回のコメンテーターとその球質は以下の通りです。まずは出演順に、お馴染みのロビンオリコウスキーがアベレージスピード:17.5・回転数:300rpm、リャンモウはアベレージスピード:18.0・回転数:375rpm、 そして、マスターマインド™でビデオ初登場となったロニースパークスはアベレージスピード:18.5・回転数:400rpmとなっています。 ちなみに、レーンコンディションは41フィートのミディアムオイル・ハウスパターンで撮影を行いました。是非、彼らのインプレッションやパフォーマンスをご覧いただき、本製品の可能性を探ってみてください。 2013年のジャパンカップで多数のPBAが持ってきていたブランズウィックのニューボール「リンガー™・プラチナムパール」で是非、初投げにチャレンジしてみてください!
SunBridge Cleaner Products
ボールのお掃除とお手入れは下記の商品をお使いください。
あなたの大切なボールを延命させるには、日頃のケアがとても大切です。
マイクロファイバー・シーソー
ブランズウィック・ドットタオル
ボールクリーナープロ
ジャイアント・シーソー
ボール名
リンガー™・プラチナムパール
ボールメーカー
ブランズウィック
ボールカラー
プラチナムパール
カバーストック
コア
表面加工
硬度
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
RG Max
2.572
・15P
RG Min
2.534
・15P
RG Diff
0.038
・15P
フックP
※1
105
・MAX:260
レングス
180
・MAX:235
ブレイクPS
※2
100
・MAX:150
フレアP
※3
フック
5.0
スキッド
8.5
バックエンド
7.0
ウェイト
12P
16P
適性レンコン
ブラックライト
対応していません
ブラックライト対応センター
出荷月
2014年1月16日
本体価格
35,000
・税別
※1:フックポテンシャル、※2:ブレイクポイントシェープ、※3:フレアポテンシャル、それぞれの略称となっています。 言葉の意味はこちらをご覧ください。
BALL WEIGHT
10P
11P
12P
13P
14P
15P
16P
上記の表示は輸入したポンド数に当ります。したがって、現在の在庫とはリンクしていませんので、あらかじめご了承の上ご参照ください。 また、1P(ポンド)は約453.6グラムになりますので、10Pは約4.54kg、16Pは約7.26kgとなります。
LANE CONDITION
ボールパフォーマンス
ボールイメージ
ボールイメージ
ベストレーンコンディション
Coverstock
The CPT
-
Flip
/
Chemical Projection Technology Flip reactive coverstock describes our newest formulation for a low friction coverstock. The benefits of using our Chemical Projection Technology allows us to produce a less aggressive reactive coverstock that easily projects down the lane on medium to light oil lane conditions.
Core
The Ringer Medium RG symmetrical core features top and bottom offsetting flip blocks over a centered mass. This core design promotes skid through the front, stability through the mid
-
lane and flip on the backend.
Ball Motion
With its Royal Shine box finish, the Ringer™ Platinum Pearl will skid longer with a quicker response to friction at the breakpoint than the Burgundy Ringer™. The Ringer™ Platinum Pearl is great ball for rev dominant and slower ball speed players on light oil conditions.
Reaction Setup
The Ringer™ Platinum Pearl can be drilled using the standard drilling techniques developed for symmetric core bowling balls.
Lightweight Engineering
At Brunswick, the unique core shape of each individual ball is used for weights from 12 to 16 pounds. This approach to lightweight ball engineering provides bowlers with consistent ball reaction characteristics across this weight range.
サンブリッジ公式動画チャンネル
コア・コレクション
米国ブランズウィックのディファレンシャルコントロールは、ポンドによるRG Diffのバラつきを極限までなくし、数値の均一化をはかっています。
株式会社サンブリッジは米国ブランズウィックの日本正規販売代理店です。並行輸入された商品に関して当社は一切の責任を負いません。
記載されている商品の仕様は予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
オフィシャル壁紙