株式会社サンブリッジ
このページの先頭へ戻ります
カタログ・PDF
new ball catalog
高解像度写真
high resolution photo
過去号
back number
Brunswick Mastermind™ Brainiac
USBC
ヘビー
レンコンマークの影
ミディアムヘビー
レンコンマークの影
ミディアム
レンコンマークの影
次作を見る
前作を見る
目次へ戻る
ブランズウィック
Brunswick Mastermind™ Brainiac
Brunswick Mastermind™ Brainiac
進化を続けるコンポジットカバー「リラティビティ」は、更なる高みへ!
クリックすると拡大表示をします!
コアの影
世界中を席巻し続けているコンポジットカバーはさらに進化を続けています。前作のマスターマインド™・アインシュタインに搭載されていた「リラティビティ・ハイブリッドリアクティブ」に続き、
新たに開発された「リラティビティ・フリップリアクティブ」はパール配合カバーストックでありながら、オイルの中でのキャッチ力を強化するともにドライゾーンでのレスポンスを最大限に発揮し、急激なバックエンドでのフリップモーションを引き出すことに成功しました。

また、新たに改良された「マスターマインド・低・RG・コア」は単密度角化楕円形インアーコアが特徴で、
回転力を維持しヒッティングまでエネルギーロスがなく、 爆発的なピンアクションを生み出します!
この組み合わせによって、
滑り感のない転がりから力強いスキッドを実現し、ミディアム
ヘビー
までの幅広いコンディションで最高のパフォーマンスを得られます。
更なる高みに辿り着いた全知全能「マスターマインド™・ブレイニアック」はボウラーの皆様へ、
攻撃的なボールモーションとハイスコアをご提供いたします。
Series Lineup
今までに発売してきた同シリーズのラインナップです。
新製品
マスターマインド™・ブレイニアック
マスターマインド™・アインシュタイン
マスターマインド™・スカラー
マスターマインド™・インテレクト
マスターマインド™・ジーニアス
マスターマインド™
逸見正晃プロのストライクレビュー
第57回
2015年12月29日更新
こんにちは。プロボウラーの逸見正晃です。今年のトリを飾るボールは、ブランズウィックと言えば、やはりマスターマインド™でしょう。現在のラインナップでも主軸を担う重要なボールシリーズにまで成長いたしました。 なんといっても、今夏発売のボール達の中でも際立つ人気を獲得し、入手が困難な現状でも問合せが絶えないマスターマインド™・アインシュタイン(以下、アインシュタイン)の次回作ですから注目されているのも頷けます。 シリーズ最新作「マスターマインド™・ブレイニアック」(以下、ブレイニアック)にも勿論採用されているのは新素材カバーストック。今回はどのようなパフォーマンスを示してくれるのでしょうか。2015年最後のレビューとなります。今回も最後までお付き合いの程、何卒宜しくお願いいたします。 それでは、第58回ストライクレビュー「ブレイニアック」編をどうぞ!
本作:
65°
×
4
×
50°・薬指穴内にピンを配置
比較:
60°
×
5
×
40°・中指寄りピンアップセンターバランスホール無し
会場:
博多スターレーン(ウッドレーン)
投球コンディション:
42フィートのクラウンコンディション
オイルボリューム:
30.6
ml

メンテマシン:
カストディアンプラス
オイル粘性:
42°
逸見正晃プロのストライクレビュー
ちょうど2年前に誕生したのが初代のマスターマインド™です。当時、ブランズウィックのハイパフォーマンスボールと言えば、ともに名器であるオーラ™、ネクサス™が主力でした。 ブランズウィック・ボールで「最もパワフルに動く」という使命を与えられ誕生したこともあり「オーナーロール・ソリッドリアクティブ」カバーと「マスターマインド・ウルトラ低・RG・コア」の組み合わせは確かな手ごたえを感じたことを覚えています。 この数年でブランズウィック・グループの開発力は格段に進歩し、それに伴って新たな戦力となるボールが数多く開発されてきました。 先日発売されたブランズウィック最高クラス・ニルバーナ™も発表され、更に勢いを増したと言えるでしょう。
新素材カバーを搭載した3種(アインシュタインバンダル™サグ™・コラプト)のボールリリースで「変化」を体感していただいていると思いますが、 その中でもアインシュタインの人気は今でも衰えずに第3便の追加販売ですら全く足らず、問合せを多数いただく程の人気ボールにまでなりました。 当然、最新作「ブレイニアック」にはその前作をも超えるスペックを求め開発・製造された上でのリリースに至ったわけです。
カバーストックには、新素材を改良したパール系の「リラティビティ・フリップリアクティブ」を新たに採用、コアは前作のアインシュタインから比重変更された「マスターマインド・低・RG・コア」をそのままに使用いたしました。 今回のコンセプトは、シリーズ一の強烈なバックエンドリアクションと、そこから生まれる爆発的なピンアクションであり、非常に攻撃的なフックモーションが特徴となっています。 従って、大きく入射角度を生み出すことを容易とし、薄めでも当たり負けしない強さは抜群の出来栄えとなり、ボールを動かすのが苦手なボウラーでも幅広いストライクゾーンを得易いのは大きなポイントです。
私が投げてみた印象として、コア比重を扱ったアインシュタイン以降、コアの強さからくる減速感は無くなり、パールカバーとなった今作ではむしろ気持ち良い程度にスキッドエリアが確保され、その分ドライゾーンから一気に曲がり込むようになりました。 パールカバーのシリーズ品としてはマスターマインド™・スカラー(以下、スカラー)がありますが、比較すると手前からの反応はスカラーの方が早く、全体の曲りもコンパクトに感じました。 当時ではしっかり動く球だという認識でしたが、改めて比べてみると、曲り幅はアインシュタインや「ブレイニアック」の方がかなり強く体感できます。 ピン側での曲りがはっきりしている場面でスカラーは使えると効果的に扱えて有能なのは言うまでもありませんが、シリーズものでもこれだけ顔色を変化させられるのはカバーストックの幅広さで間違いないでしょう。
そして、投球ラインのイメージでは薄いところを真っ直ぐ攻めるような感覚ではなく、レーンを斜めに見立てて大きく戻すようなラインでも楽に投球をすることができます。 ゲームが進行するにつれて、段々とオイルが残っている側へと速やかにアジャストしていくことで角度不足になりがちなインサイドアングルからでも素晴らしいピンアクションを提供してくれるはずです。 特記しておくと、ファーストインパクト時にポケットに浅く当たったような印象を持ったにしても、結果としてボールはピンヒットしてからも強く傾き、コーナーピンを弾き倒してくれるような期待を抱かせてくれる程にピン飛びへの信頼は高く仕上がっています。
表面の仕上げは、#500マイクロパッド
ロイヤルコンパウンドとなっており、ツヤ感は十分に感じられる程度の向上仕上げです。 手前の走り感を増加させたスペックですので、オイルに過敏な印象を持った場合には、#1500
#3000などでツヤを落としてあげると、オイル上でのグリップ感は増しロングフックボールに加工することも可能です。 あまり粗い番手で仕上げるとせっかくの手前のスムーズなスキッドを邪魔してしまいバックエンドでの曲りが緩くなってしまうので、好みの形状に合わせて調整されると良いかと思います。
今回のドリルレイアウトは「65°
×
4
×
50°」
の薬指穴の中にピン配置というレイアウトを使用しています。 これまでのマスターマインド™の中では一番動き出しを早め、私的には曲り易くというコンセプトにてドリルした次第です。結果として、走り過ぎずメリハリの利いたバックエンドリアクションを堪能できているのですが、 スピードがあまり無いタイプは、PIN
-
PAP間を「4・1
/
2
5・1
/
4」などにするとスキッド&スナップリアクションを体感できるはずです。 より影響を与えるには表面仕上げとの相乗効果を求めていただくと、かなり幅の広い調節までが可能となります。
比較投球では、前作のアインシュタインとの比較を試みました。曲り幅やバックエンドでの曲りのキツさでは「ブレイニアック」がかなり鋭角なパフォーマンスを見せてくれるので、 ハイブリッドカバーでオイル上での安定した軌道と優れたバックエンドリアクションをもつアインシュタインよりも3枚程度内側から投球軌道を横切ってしまっても戻らせることができました。 ミッドエリアでのキャッチ力ではアインシュタインの方がより強くブレーキがかかっている感覚を受け、今作はより先まで通過していきます。 キャリーダウンしつつある状況下においてコントロール重視で攻める場合の安定感という意味合いでは、プロスタッフの使用率もかなり高いアインシュタインはとても優れており、ピンアクションの良い球を効率良くポケットに集めるという欲求に対して見事に応えたボールだと思います。 「ブレイニアック」は荒れたコンディションよりは板目を使用してもハッキリと戻る場面での利用が良さを最大限感じられる環境でしょう。これほどに出し戻しのラインを投球してもピンアクションが苦にならないボールは貴重で、シャープなボールリアクションを好むボウラーにとっては正しく適したボールと言えます。 ブランズウィックの評価を飛躍的に引き上げた立役者・アインシュタインの次作品として誕生した新生「ブレイニアック」。シリーズ最大のエントリーアングルを持つアグレッシブボールとして今、レーンに登場いたします。 2015年のラストを飾るにふさわしいビッグタイトルボールを是非、お求めください。
今年も一年間、拙い文面にお付き合い下さり、誠に有難うございました。また、来年もサンブリッジならびに、我々プロスタッフをどうぞ宜しくお願いいたします。それでは、また次回のレビューでお会いしましょう!
執筆後記
今期のブランズウィック・ボールの中でも最高の評価を得たアインシュタインから、更なるバージョンアップを目指し誕生しました。この「ブレイニアック」はシリーズ最大のバックエンドリアクションで貴方をきっと魅了してくれます!
今回のドリルレイアウト
レビューのバックナンバーを見る
逸見正晃プロのフェイスブック
ビデオ
江頭インプレッション!
公開日:2015年12月13日・44分17秒・w1920
×
h1080・撮影協力:相模原パークレーンズ
バックナンバーを見る
サンブリッジ公式動画チャンネル
江頭インプレッション!
2015年最後の「江頭インプレッション!」は、江頭善文プロ(31期・741:相模原パークレーンズ)とサンブリッジの澤田英幸プロ真野善久プロのレギュラー陣で賑々しくお送りいたします。 今回お届けするのは、3個のニューボール(マスターマインド™・ブレイニアックとCシステム・バルサマックス・ツアーグル™・シュプリーム)を中心とした2015年12月発売のニューアイテムです。 ボールの特徴などはカタログやウェブサイトなどで解説していますが、読むのと、聞くのとでは、印象や受け止め方が違ってきます。読むのが苦手な方は是非、3人のプロによる分かりやすい説明でニューボールの可能性を探ってみてください。 今回は前回と同じレーンコンディション(動画内とPCサイトに掲載)上で投げていただきました。また、どのボールも「ドリルアングルが50°、ピン・PAPが4インチ、VAL角は20°」でレイアウトされています。 2015年を締めくくるニューボールはどんなパフォーマンスを魅せてくれるのか?是非、本ビデオでお確かめください。 なお、番組内容とは別に「江頭インプレッション!」のご感想やご意見を、SNS弊社投稿フォームを通じてお待ちしております。皆さんからのご提案でもっともっとブラッシュアップできればと考え、門扉を広く開けておりますので、こちらもよろしくお願いいたします。 ボウリングのことならサンブリッジ!ボウリングビデオのことなら「江頭インプレッション!」。今年も1年間お付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。2016年も「江頭インプレッション!」をよろしくお願いいたします。
ビデオ
コバヤシ.ボウル
公開日:2015年12月17日・8分29秒・w1920
×
h1080・撮影協力:ラウンドワン・わらび店
バックナンバーを見る
サンブリッジ公式動画チャンネル
コバヤシ.ボウル
2015年最後の「コバヤシ.ボウル」は、今年の大ヒットボール「マスターマインド™・アインシュタイン」の後継モデル「マスターマインド™・ブレイニアック」をはじめ、 いまだに愛用者の多い「バルサマックス」の続編「Cシステム・バルサマックス・ツアー」、 そして、シリーズ最新作となる「グル™・シュプリーム」をそれぞれ投げていただきました。今回はいずれも「ドリルアングルが45°、ピン・PAPが4・1
/
2インチ、VAL角は30°」でレイアウト、 レーンコンディションは「C」パターンで撮影を行いました。 小林哲也プロ(48期・1198:ラウンドワン)が放つ美しくパワフルな各軌道から、ご自身にあったお好みの一球を選択するキッカケになれば幸いです。 今回の後半では「今年のベスト3」や「来年の抱負」などを年末に相応しい内容を中心に、今後のスケジュールなどもご紹介していますので、軌道動画と共に小林哲也プロの動向やチャレンジにも是非、ご注目ください。
SunBridge Cleaner Products
ボールのお掃除とお手入れは下記の商品をお使いください。
あなたの大切なボールを延命させるには、日頃のケアがとても大切です。
マイクロファイバー・シーソー
ブランズウィック・ドットタオル
ボールクリーナープロ
ジャイアント・シーソー
ボール名
マスターマインド™・ブレイニアック
ズバ抜けた知的能力と独創性を併せ持つ人などを意味しています。
ボールメーカー
ブランズウィック
ボールカラー
ブラック・ゴールド・パープルパール
カバーストック
リラティビティ・フリップリアクティブ
NEW

素材別ラインナップ
カバーについて詳しく解説した動画
コア
表面加工
硬度
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
RG Max
2.552
・15P
RG Min
2.504
・15P
RG Diff
0.048
・15P
RG Asy
0.013
・マスバイアス差
フックP
※1
210
・MAX:250
レングス
150
・MAX:235
ブレイクPS
※2
145
・MAX:150
フレアP
※3
フック
7.5
スキッド
7.0
バックエンド
9.0
ウェイト
13P
16P
適性レンコン
ブラックライト
対応していません
ブラックライト対応センター
出荷日
2015年12月7日
本体価格
51,500
・税別
※1:フックポテンシャル、※2:ブレイクポイントシェープ、※3:フレアポテンシャル、それぞれの略称となっています。 言葉の意味はこちらをご覧ください。
BALL WEIGHT
10P
11P
12P
13P
14P
15P
16P
上記の表示は輸入したポンド数に当ります。したがって、現在の在庫とはリンクしていませんので、あらかじめご了承の上ご参照ください。 また、1P(ポンド)は約453.6グラムになりますので、10Pは約4.54kg、16Pは約7.26kgとなります。
LANE CONDITION
ボールパフォーマンス
ボールイメージ
ボールイメージ
ベストレーンコンディション
箱出:#500
ロイヤルコンパウンド
#2000
#4000
Coverstock
Relativity Flip reactive coverstock is Brunswick's newest advancement in our performance enhancing coverstock technology. This Pearl coverstock produces extra length through the heads with exceptional bite on the backend to achieve maximum flip.
Core
The New Modified Mastermind Low RG core features a single density squared
-
off elliptical inner core. The core is dynamically designed to extend the rotational energy, boosting angular velocity to transfer energy to the pins for increased pin action and higher scores.
Ball Motion
The new Mastermind™ Brainiac with its Royal Compound finish, provides excellent length through heads and mid lane creating an unsurpassed move on the backend on medium to oily lane conditions.
Reaction Setup
The Mastermind™ Brainiac can be drilled using the standard drilling techniques developed for asymmetric core bowling balls.
Lightweight Engineering
At Brunswick, the unique core shape of each individual ball is used for weights from 14 to 16 pounds. This approach to lightweight ball engineering provides bowlers with consistent ball reaction characteristics across this weight range. At 12 and 13 pounds, Brunswick uses a generic core shape with a RG
-
differential that is close enough to the 14 to 16 pound shape so the same drilling instructions can be used.
サンブリッジ公式動画チャンネル
コア・コレクション
米国ブランズウィックのディファレンシャルコントロールは、ポンドによるRG Diffのバラつきを極限までなくし、数値の均一化をはかっています。
株式会社サンブリッジは米国ブランズウィックの日本正規販売代理店です。並行輸入された商品に関して当社は一切の責任を負いません。
記載されている商品の仕様は予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
オフィシャル壁紙