株式会社サンブリッジ
このページの先頭へ戻ります
カタログ・PDF
new ball catalog
高解像度写真
high resolution photo
過去号
back number
Brunswick Melee™ Hook
USBC
ヘビー
レンコンマークの影
ミディアムヘビー
レンコンマークの影
ミディアム
レンコンマークの影
次作を見る
前作を見る
目次へ戻る
ブランズウィック
Brunswick Melee™ Hook
Brunswick Melee™ Hook
超破壊力のフィニッシュブロー!
メーリー™ファン待望の「リラティビティ」搭載モデルが誕生!
クリックすると拡大表示をします!
コアの影
抜群の安定感と扱いやすさを追求した大人気シリーズ「メーリー™」の最新作は、
今話題の「コンポジット・セグメンテーション」カバーストックをさらに進化させた「リラティビティマックス」を搭載し、
シリーズ最高のパフォーマンスと万能性を兼ね備え、2016年の初荷ボールとして誕生しました。 今回改良された新しい「メーリー・低・RG・シンメトリックコア」はレーン手前のオイルゾーンでの転がりを、より多く、より速く回転させるためにボディラインを曲線状とし、
ピンヒットまでエネルギーを最大限に持続させることを可能にした設計になっています。
また、様々なオイルパターンへの対応を可能にした新開発のカバーストック「リラティビティマックス・リアクティブ」との組み合わせにより、
ミッドレーンではさらに強いローテーションを起こし、コントロール性に優れたバックエンドリアクションと過激とも呼べるピンアクションを生み出します。
シリーズ最大にして最強のストロングアークモーション
の「メーリー™・フック」は、まさに皆様の試合を決定づける切り札となることでしょう。
Series Lineup
今までに発売してきた同シリーズのラインナップです。
新製品
メーリー™・フック
メーリー™・ジャブ
メーリー™・クロス
メーリー™
逸見正晃プロのストライクレビュー
第60回
2016年2月5日更新
こんにちは。プロボウラーの逸見正晃です。春が近づいてくると、毎年実施されています「プロボウラー資格取得テスト」(通称:プロテスト)を思い浮かべます。おそらく、全国のボウリング場にポスターが掲示されている頃ではないでしょうか。 今年は男子が第55期で、女子は49期となります。近年、開催時期が以前よりも遅くなってきた為、第一次テストの日時は4月上旬からのようです。昨年は若い新人プロボウラーが公式戦の優勝を果たすなど、業界を盛り上げてくれるフレッシュな合格者を期待している次第です。こちらの状況は進展に合わせ、またご紹介していきたいと思います。 さて、今回のレビューで取り上げるボールは、ブランズウィックより新発売中の「メーリー™・フック」です。初代から数えて、今回で4作目となるベンチマークシリーズ。 遂に待望の最先端カバーとの融合でどこまで進化したのか、どうぞご注目ください。それでは、第60回ストライクレビュー「メーリー™・フック」編をどうぞ!
本作:
75°
×
3・1
/
2
×
40°・薬指右上付近にピン配置
比較:
75°
×
3・1
/
2
×
40°
会場:
博多スターレーン(ウッドレーン)
投球コンディション:
42フィートのクラウンコンディション
オイルボリューム:
30.6
ml

メンテマシン:
カストディアンプラス
オイル粘性:
42°
逸見正晃プロのストライクレビュー
新年最初の発売ボール、つまり初荷ボールはその年を占うかのように、個人的には特別な印象を持っています。昨年にはプライド・エッジ™が初荷ボールで、非常に助けられた主力ボールとして役立ってきました。 否応なく関心が集まる1月発売ボールは、先に紹介しましたDV8バンダル™・ソリッドと、今回の「メーリー™・フック」になります。 初代・メーリー™のリリース以降、ブランズウィック・ボールラインナップの中でも、ミディアム向けシリーズとして、今回で4作目を数えるまでになりました。 対称コアならではのシンプルな動き、且つ融通の利いたパフォーマンスで、競技ボウラーの中盤以降やリーグボウラーのメインボールにと多用されているのが特徴です。
そして、今回は待望の最先端カバーストックである「リラティビティマックス・リアクティブ」を纏い、強力なバージョンアップを実現いたしました。やはり、新素材カバーの優れた点はレーン上でのグリップ感とドライゾーンでの動き方、そこから生まれる頼もしいピンアクションの強さに尽きます。 この新カバーはDV8でおなじみとなった新素材カバー「コンポジット」を更にアップグレードした改良型です。この優れたカバーストックに見合うべく選択されたのは、前作のメーリー™・ジャブと同様に素早い転がりと、 一気にブレイクさせる力を持つ「メーリー・低・RG・シンメトリックコア」を搭載しており、強力なカバーストックとコアの組み合わせから誕生したということは言うまでもありません。
私の印象としては、第一印象からしてシリーズ最高の出来栄え!でした。コアの強さを活かすカバーストックとの相性が抜群で、レーン上でのグリップ感は絶妙なバランスを得ています。 転がり続けて進み、ミッドレーンからバックエンドにかけて力を損なうこと無く、大きなヒッティングパワーを体感させてくれる点などからしても、過去の製品を大きく上回る性能と言うべきです。これまでのシリーズではもう一つピンに向かってほしいと感じることがありましたが、そうした悩みは大きく改善され、曲がり幅も十分なパフォーマンスを持つボールとなりました。 番手の仕上げによる影響はあるものの、手前から的確にレーンキャッチしてくれる強さがある為、手前から当たりは出始めます。なにより、レーン中間地点辺りでの安定した軌道はオイルを辿っての投球にも対応可能で、エンドユーザーから競技ボウラーまでお勧めできるスペックです。 投球ラインとしては、レーン途中から軌道が変わりつつ進行していくタイプで、バックエンド集約タイプでは無いので、出し戻しのラインよりも板目を狭く使う投球ラインからオイルゾーンをポケットに沿わせ、ぶつけるようなラインを好む方は必携とも言うべきボールです。 大きく出し戻しを求めるタイプには、非対称コアボールを選択するか、よりメリハリのあるボールチョイスが適しているでしょう。
表面仕上げの番手は、#500マイクロパッド
#2000のマット仕上げで、見た目からレーンキャッチ力が強そうに映ります。適性としては、スピードのあるボウラーや、回転不足のボウラーにも回転方向の変化が早く入射角度を高く捉えることが可能です。 さらに、パワフルなボウラーにも納得のアーク状パフォーマンスで投球し易さも兼ね備えています。カラーリングはチラシ(クリックするとPDFが立ち上がります。)の映り方より更に濃いネイビーカラーで、見慣れたカラーながらやはり重厚感ある仕上がりに思います。 また、番手を粗く削ることで、オイリーでも十分戦える強さを秘めており、曲がり幅を求めての投球にも対応できる幅広さを持ちます。
ドリルレイアウトは比較投球に用いたファントム・リブート™同様の「75°
×
3・1
/
2
×
40°」
とし、 ピンの位置はおよそ薬指の右上辺りという具合です。対称コアの為、Pin
-
PAP距離とVAL角によるピンアップかピンダウンの違いです。非常に早くコアのブレを起こさせ、軸移動を早めたのは、強力なスペックのボールをオイルのある環境で投球したくレイアウトしました。 比較投球に用いたファントム・リブート™は昨年発売したボールラインの中でもお気に入りの1球で、ハウスコンディションの中盤程度を安心して任せられる優れものです。 今回、全く同様のレイアウトということと、共に対称コアの点から比較してみました。
まず、レーン上でのグリップ感についてですが「メーリー™・フック」がミッドレーンでのキャッチ感が良く後半まで持続してフックモーションを描くタイプなのに対し、ファントム・リブート™はより楽にスキッドし、ミッドレーンを駆け抜けてドライエリアから曲りが出てくる印象です。 手前が枯れてきたコンディションではスキッドレベルが比較的高めのファントム・リブート™の方がポケットに集めやすさを感じるものの、キャリーダウンに反応してしまう為にオイルを感じる際には間違いなく「メーリー™・フック」が効果的に働いてくれるはずです。 また、ファントム・リブート™に使用している「オーナーロール・ソリッドリアクティブ」はマスターマインド™に採用されてきたカバーストックですが、 最先端である「リラティビティマックス・リアクティブ」を使った「メーリー™・フック」は更に一回り優れたピンアクションと当たりの強さを持ち合わせています。
カバー、コアともに強いスペックの為、より内側に立ち位置を構える必要がありますが、オイル量に合わせて両者を使い分けると無理なくゲーム進行を行なえていけるように感じています。ピンをなぎ倒すかのようなヒッティングパワーでストライク率の向上を期待させてくれる今作「メーリー™・フック」。 シリーズ最高のパフォーマンスを手に入れ、市場に投入です!テスタープロの評価も大変高い理由を是非とも、多くの方にお試しいただき、感じてもらえればと思います。それでは、また次回のレビューでお会いしましょう!
今年のバレンタインも、人気のあのボールが帰ってくる!どうぞ、お楽しみに!
執筆後記
ピンの破壊力が飛躍的に向上した人気シリーズの最新作。遂に最先端カバーを纏った今作の力強いパフォーマンスにご注目ください。テスターの評価が非常に高く、その価値は投げればきっと分かります!
今回のドリルレイアウト
レビューのバックナンバーを見る
逸見正晃プロのフェイスブック
SunBridge Cleaner Products
ボールのお掃除とお手入れは下記の商品をお使いください。
あなたの大切なボールを延命させるには、日頃のケアがとても大切です。
マイクロファイバー・シーソー
ブランズウィック・ドットタオル
ボールクリーナープロ
ジャイアント・シーソー
SunBridge Enquete
2016年も「みんなで選ぶ年間ベストボール」を本サイト上で催します。
一人でも多くの方にご参加いただき、栄えある今年のボールに一票を投じてください。
みんなで選ぶ年間ベストボール・2016
ボール名
メーリー™・フック
引っかけるために先を曲げた鉤(ボール軌道を比喩した表現)
ボールメーカー
ブランズウィック
ボールカラー
ミッドナイトブルー・ソリッド
カバーストック
リラティビティマックス
リアクティブ
NEW

素材別ラインナップ
カバーについて詳しく解説した動画
コア
表面加工
硬度
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
RG Max
2.537
・15P
RG Min
2.487
・15P
RG Diff
0.050
・15P
フックP
※1
235
・MAX:250
レングス
70
・MAX:235
ブレイクPS
※2
70
・MAX:100
フレアP
※3
フック
8.5
スキッド
5.0
バックエンド
7.0
ウェイト
13P
16P
適性レンコン
ブラックライト
対応していません
ブラックライト対応センター
出荷日
2016年1月15日
本体価格
45,000
・税別
※1:フックポテンシャル、※2:ブレイクポイントシェープ、※3:フレアポテンシャル、それぞれの略称となっています。 言葉の意味はこちらをご覧ください。
BALL WEIGHT
10P
11P
12P
13P
14P
15P
16P
上記の表示は輸入したポンド数に当ります。したがって、現在の在庫とはリンクしていませんので、あらかじめご了承の上ご参照ください。 また、1P(ポンド)は約453.6グラムになりますので、10Pは約4.54kg、16Pは約7.26kgとなります。
LANE CONDITION
ボールパフォーマンス
ボールイメージ
ボールイメージ
ベストレーンコンディション
箱出:#500
#2000
ロイヤルシャイン
#4000
Coverstock
Relativity Max reactive coverstock is Brunswick's next progression in our performance enhancing coverstock technology. Relativity Max coverstock provides strong hook with maximum versatility on a variety of oil patterns for all types of physical styles. This new formulation produces outstanding usability!
Core
The new Melee Low RG symmetrical core features a curvilinear design to provide maximum energy retention. The new core shape revs quicker producing maximum performance and drilling versatility.
Ball Motion
With its 2000 grit Siaair Micro Pad Finish, the Melee™ Hook revs strong in the mid
-
lane and retains plenty of axis rotation for the backend to produce a wider area of forgiveness to the pocket. The Melee™ Hook will provide better traction on a variety of lane patterns with its chemically designed surface texture.
Reaction Setup
The Melee™ Hook can be drilled using the standard drilling techniques developed for symmetric core bowling balls.
Lightweight Engineering
At Brunswick, the unique core shape of each individual ball is used for weights from 14 to 16 pounds. This approach to lightweight ball engineering provides bowlers with consistent ball reaction characteristics across this weight range. At 12 and 13 pounds, Brunswick uses a generic core shape with a RG
-
differential that is close enough to the 14 to 16 pound shape so the same drilling instructions can be used.
サンブリッジ公式動画チャンネル
コア・コレクション
米国ブランズウィックのディファレンシャルコントロールは、ポンドによるRG Diffのバラつきを極限までなくし、数値の均一化をはかっています。
株式会社サンブリッジは米国ブランズウィックの日本正規販売代理店です。並行輸入された商品に関して当社は一切の責任を負いません。
記載されている商品の仕様は予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
オフィシャル壁紙